東京 ブラン・ニュー・デイズ Vol.9

「一夜限りのはずが…」27歳の遊び人男が女を引きずってしまったワケ

あなたの暮らしに彩りをあたえてくれるものって何ですか?

日常を豊かにし、気分を上げてくれるモノ。

これはそんな“モノ”を見つけた主人公たちのオムニバスストーリー。

前回は、結婚3年目、夫から離婚を言い渡された奈美を紹介した。


「私、結婚することになったんだ!」

久しぶりに開催された同期飲み。斜め前に座る紗季子が頬を赤らめながらそう言った瞬間、時が止まった。

「おめでと、良かったな」

景吾も祝福の言葉をかけたものの、心がチクリと痛む感覚は否定出来ない。

「うちの代の華、紗季子が選ぶ相手だもん、さぞかしイケメンエリートなんだろうなぁ」

同期の1人がそう言った。

しかし景吾は知っている。紗季子が今付き合っている彼氏はごく普通のサラリーマンだということを。

―紗季子、今の人と結婚するのか…ちょっと意外だな。

ビールジョッキを片手に、紗季子の表情をチラリと盗み見る。

「そんな事ないよ」なんて言いながらも彼女の表情は幸せそうで、再び胸の奥がぎゅっと締め付けられる。

紗季子は、彼女でも元カノでもないが、景吾にとっては特別な存在の同期だ。

同期の中でも一際目立っていた紗季子に、景吾は8年前、入社してすぐに好意を持った。

「2人って付き合っているのかな?」

周囲からそう噂されるほどに仲は良かったがお互いに「タイミング」が合わなかった。

入社間もない頃、紗季子には彼氏がいたし、その後、紗季子が彼氏と別れた頃には景吾には別の彼女がいた。

まるでボタンを掛け違えたように、2人の恋は交わらなかったのだ。

3年前の一夜を除いては…。

同期会がおひらきになり、程良くお酒が入った帰りのタクシーの中で、紗季子と過ごした夜のことを思い出していた…。

【東京 ブラン・ニュー・デイズ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo