自分を高めることに妥協しない、中目黒在住IT女子の「おうち時間」に迫った

思いもよらず、家にいることが多くなった2020年。人と会う機会がめっきり減った方も多いだろう。

「おうち時間」と聞くと退屈なイメージを抱きがちだが、どう過ごすかにその人の人となりがでる。例えば、外食が減っても食のレベルを決して落とさない男

そして今回は、在宅時間が増えても美意識を忘れず自分を高めることに妥協しない女を紹介する。

この物語の主人公:森田佳奈絵(34歳)
IT企業勤務。昔から美容が大好き。経済的余裕もあり、パーソナルジムやフェイシャルエステに定期的に通う。好きな食べ物は火鍋。中目黒在住。彼氏なし


ジムじゃなくても大きい筋肉は鍛え続ける。今までの努力を無駄にしたくはないから

気持ち次第で無限に怠けられるおうち時間。でも、ダラけた時間はそのまま身体に表れてしまう。

だから、自己管理でボディメイク。以前週3で通っていたジムはしばらく控えるようにしている。

ジムのようにマシンを使ったメニューはこなせなくても、自重トレーニングで大殿筋を鍛える毎日。

ちゃんとウエアを着て好きな音楽をかけて、1日約30分。きれいになるためのルーティンはすっかり定着した。


在宅勤務で時間があるうちにお風呂時間も改善。代謝をあげる重炭酸の温浴にハマると睡眠の質もよくなった気がする。

そんな生活を2ヶ月続けたころ、次の旅で着ようとしていた水着を試着。いい。鏡の前で遠いビーチを夢みた。


30代は生活がしっかりしてなきゃきれいな肌や身体は保てない。だから、今回を機に掃除も料理もこれまでより丁寧にしようと思った。

そんな時に頼りになったのが、SNSで目にした“料理人リレー”。料理に苦手意識があったのはどのレシピを参考にすればいいか分からなかったのも主な理由だ。

でもこのリレーでは有名シェフたちが動画で料理を教えてくれるから、見ていて楽しいしレシピがとっても分かりやすい!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo