絶対に喜ばれるテッパン手土産 Vol.30

モンブランの旬は今!『ロブション』と元祖が作った夏モンブランが美味すぎる!

フランスの名峰を模して、その名がついたスイーツ「モンブラン」。

モンブランといえば、定番の秋のスイーツというイメージが強いが、なんと夏仕様のモンブランがあるという。

しかも、人気レストランと元祖モンブランが手がけていた…!

この夏必食の、注目の二大「夏モンブラン」を、早速ご紹介しよう。

<人気の関連カテゴリ記事>
スイーツ天国・世田谷で見つけた映えるスイーツ13選

最強にかわいいいタルトは手土産にぴったり!代々木上原に出来た新店スイーツが話題!

口内に溢れる爽やかな味と香り!南国を感じるモンブラン


見よ、この麗しき山峰を……!

この高貴さを纏い鎮座する淡いイエローのモンブランに出会った時、その美しさに思わずため息が溢れるだろう。写真を撮る間さえ惜しいほどの、感動的なビジュアルだ。

独創的でありながらフランスの伝統に基づいた巨匠の技を踏襲した『ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション』。今春「春のモンブラン〜あまおう〜」が話題沸騰となり、新たな季節限定モンブランとして発表したのが、この「夏のモンブラン〜エキゾチックフルーツ〜」である。

マンゴーやパッションフルーツ、パイナップルなど、エキゾチックフルーツを使ったモンブランは、爽やかな南国の香りを放つ。

「夏のモンブラン〜エキゾチックフルーツ〜」700円(税抜)


高さ7センチ、幅5センチの凛とした佇まい。

頂上にはゴージャスな金箔とビオラの花びら、さらにアクセントとなるパッションフルーツシードとホワイトチョコでコーティングしたマンゴークリスピーが添えられている。

「夏なので、フルーツの甘さでさっぱりと召し上がっていただけるように作りました。ふんわりしたムースや、とろみのあるソース、サクサクしたビスキュイなど、味はもちろん食感まで、全体のバランスがとれた自信作です」とシェフ。

下層から順に、サブレ、ココナツビスキュイ、フレッシュマンゴーのソースを包んだココナッツムース、さらにその上にマンゴームース、パッションフルーツのジュレという構造だ。圧倒的に断面まで美しい。

口に入れると想像以上に爽やかで上品な味わいだ。鼻から抜ける南国の香りがたまらなく夏を感じさせる。フルーツ本来の甘みや瑞々しさを存分に味わい、食べ進めていく中で、パッションフルーツシードのプチプチした食感や、ザクザク感のあるビスキュイが変化を添えてくれる。


クリーム系のスイーツは少しもたつきを感じ、夏場は敬遠したくなる人もいるだろう。しかし、このモンブランならいくらでも食べられそうなほどさっぱりとしている。

なんだろう、このインパクトのある清涼感は……。

シェフがその秘密をそっと教えてくれた。「甘みだけでなく、味わいがすっきりとするように、中央のマンゴーソースには、カルダモンを効かせてあります。」

なるほど、それゆえ「トロピカル」というより「エキゾチック」というフレーズがしっくりくるのだ。スパイシーなカルダモンが涼感を添え、豊かな味わいなのに食べ上がりもさっぱりとしている。


「夏のモンブラン〜エキゾチックフルーツ〜」は、2020年9月2日(水)まで『ラ ブティック ドゥ ジョエル・ロブション』恵比寿ガーデンプレイス店、六本木ヒルズ店、丸の内ブリックスクエア店の各店で期間限定販売している。

外見も構造も、もはやぐうの音も出ないほどに計算された芸術的な夏モンブラン。この夏に、ぜひ味わって欲しい。

【絶対に喜ばれるテッパン手土産】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo