あなたに会える、その日まで Vol.4

「まさか、こんなものが送られてくるなんて…」”初孫フィーバー”の母からの驚きの贈り物

新しい命をお腹に宿し、赤ちゃんとともに過ごす十月十日。

花冠をつけて、マリア様のようにやわらかく微笑むマタニティーフォトの裏側には、さまざまな物語がある。

たくさんの笑顔と涙に彩られるマタニティーライフ。

あなたに会える、その日まで。



市川優は、独立したばかりのテキスタイルデザイナー。結婚5年目の33歳だ。

不妊治療の末、念願の赤ちゃんを授かるも、早期の切迫流産で入院になってしまう。同じ病室で望まぬ妊娠をした妊婦と恋人との大げんかを目の当たりにして…


優がはじめて、不妊治療のために婦人科を訪れたのは1年半前。結婚5年目のときだ。

同い年の夫の亮介との出会いは、職場だ。同じ化学繊維メーカーに勤めていたが、優は美大出身のテキスタイルデザイナーで、亮介は化学繊維の研究員なので、まるで畑が違う。

芸術家肌の優と、理系人間の亮介は、思考回路が正反対だからこそ、お互いを尊重し合いうまくやっていた。

結婚自体は同世代の中では圧倒的に早かったが、「30歳までは子供は考えなくていいかな」というのは二人の意見だった。

しかし、二人が30歳を迎え「そろそろ…」と決意をしても、一向にコウノトリがやってくる気配はない。1年が経ち、2年が過ぎても妊娠には至らず、自己タイミングにも限界を感じ、不妊治療クリニックの門を叩いたのだった。

そんな中で、ようやく授かった命。そして切迫流産で入院。妊娠の喜びを実感するのもつかの間、安静の日々が続いた。

―不妊治療していた日が、なんだか遠い昔みたい…。

妊娠判明のつかの間の喜びは、急に押し寄せた危機で一気にかき消され、不安な気持ちはずっと続いていた。

【あなたに会える、その日まで】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo