小石原はるかの 「偏愛スケジュール」 Vol.12

マルディグラ

Mardi Gras

あの肉名人シェフが監修した
驚きのハムが衝撃デビュー!

従来のハムの常識を塗り替える革命児、いよいよリリース!

『東京カレンダー』肉特集の常連、毎回度肝を抜く肉料理を披露してくれる『マルディグラ』の和知徹シェフから、ある日「マルディグラハムを作りました!」という報せが舞い込んだ。これは食べねばなりますまい、と早速駆けつけてみると…、まあ、とんでもない代物!イベリコ豚のなかでも最上級とされるイベリコ・ベジョータの、一般の生ハムには使われないウデ肉を活用して塩だけで仕上げた、プラハ風スモークハムなのです。

スパイスや添加物も一切使わず、和知さんが「上質なイベリコ豚ならではのポテンシャルを最大限に生かしたワイルド仕上げです」と胸を張るだけあり“これ、ハムやない!精肉や!”と思わず呟いてしまうほど肉々しくてうっとり。

小石原が手にしている「ハムテキ丼」(4,000円)は、約130gのハムをたっぷりのバターでじりじりとソテーしたものをオン・ザ・ライス。丼を持っているうちに手が震えるほど重い!そして、左の「ハムカツサンド」(4,000円)は、揚げたてのハムカツを、トーストしてからマスタードハニーバターを塗った食パンで挟み撃ち!これまた“不味かろうはずがありません”な逸品。もはや、これを食さずしてハムは語れますまい!

ちなみにハムは¥8,000(500g)で購入も可能

●こいしはらはるか
一度ハマると歯止めの利かないマニアックな気質と頑強な胃袋を持つ、人呼んで"偏愛系ライター"。著書に『麹の「生きた力」を引き出す本』(青春出版社)など


東カレアプリダウンロードはこちら >

【小石原はるかの 「偏愛スケジュール」】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ