実力店が銀座に満を次してオープン。 Vol.1

サーラ アマービレ

Sala AMABILE

名店のDNAが受け継がれた銀座の“愛らしく上品”なサロン。

店名『アマービレ』とはイタリア語で愛らしく上品という意味

銀座トレシャス最上階に8月4日、ふたつの新店がオープンした。広尾、南麻布を経て12年目を迎える、3代目『アロマフレスカ』。そして注目すべきが、新しい試みとなる新業態店『サーラアマービレ』だ。

位置付けは、レストランでなくあくまでサーラ=サロン。瀟洒なシャンデリアも、毎晩生演奏されるグランドピアノも、ラタンに革張りの椅子も、『アロマフレスカ』流にサロンを解釈し、フィルターを通して実現された。ともすれば“こってり”しがちなスタイルだが、こうも“あっさり”洗練させるとは。さすが辣腕、原田慎次氏である。

本題のメニューはといえば、ランチは飲み物フリーのおまかせコース7000円。夜は前菜12品ほどを供する5000円コースを設定した。ショープレート上にいくつかの料理が同時に並び、好きにつまむ。どれも作りたてにしかない勢いがあり、実に手が込んでいて、多彩。2~3口で食べ切ることを見越して調理するというから、恐れ入る。夜なら、これで腹6分目程度まで満足させる計算。そこから先は、アラカルトで追加すればいい。シェアにだって応じる厨房は『アロマフレスカ』と同じだ。パスタもセコンドも、健啖家の胃袋に応えるだけの引き出しはある。

「サロン文化や会員制の素地がある銀座ならではのスタイルであり、これが僕らの答え」と、原田氏。
銀座を席巻する新店に心奪われ、しばらく熱に浮かされるはずだ。

左.タラバ蟹 ブロッコリーと茶豆のタリオリーニ¥2,800。アラカルト

右.小皿料理各種。料理はおまかせコース昼¥7,000、夜¥5,000〜より

左.バーニャカウダやカルパッチョのほか、必ず冷製パスタも供する

右.千草と香草で燻した和牛のビステッカ¥7,200。シェアも可能


東カレアプリダウンロードはこちら >

【実力店が銀座に満を次してオープン。】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ