U-29女子の婚活サバイバル Vol.17

「付き合うまでは、積極的だったのに…」結婚を考えていた彼との恋に、限界を感じたワケ

20代で“本気の婚活”をする女性の実態を、あなたは知っているだろうか?

彼女たちの中には「結婚適齢期が近づいてきたから」といった、安易な理由で婚活をする人などいない。

平均初婚年齢が30歳近い昨今でも、20代のうちに“特別なひとり”を見つけようと、婚活というサバイバルに果敢に挑んでいるのだ。

前回は壮絶な結婚生活を乗り越えた、元・婚活女子を紹介した。今週は?


【今週の婚活女子】

名前:ユリエ(仮名)
年齢:25歳
職業:公務員
婚活歴:1年未満


あなたは、運命の出会いをしたことがあるだろうか?

今回登場するのは「運命の出会いだ!」と思える恋をしたというユリエさん(仮名)。相手の男性とは、なんと7年越しの再会だったという。

不思議な巡りあわせによって出会った彼との、婚活エピソードを紹介しよう。


ユリエさん:仕事ではなかなか出会いがなくて…婚活アプリや食事会、街コン、それに友人からの紹介など、とにかく出会いを増やそう!と頑張ってました。

そんな中、去年の夏にアプリで運命の出会いを果たしたんです。


東カレ編集部:どんな出会いだったんですか?


ユリエさん:アプリで偶然、いいねが来た男性だったんですけど…私、どこかで見覚えがあって。住んでいる場所や出身高校を聞いていったら、ピン!と来たんです。

それは、私が高校時代に「かっこいい!」と密かに憧れていた、隣の野球部の男の子。こっちが一方的に知っているだけだったんですけどね。


東カレ編集部:じゃあ、相手はそんなこと全く知らずにいいねを押してくれていた、ってことですか?


ユリエさん:そうです!当時、野球好きだった私は、野球が強かった隣の高校のチームを応援していました。そこでキラキラ輝いて見えたのが彼だったんです。

【U-29女子の婚活サバイバル】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo