ピンクが好きってダメですか? Vol.7

「かわいいからって許されると思ってる?」婚活の場で始まる女の戦い

ピンク。プリンセス。キラキラしたアクセサリー。ふわふわのスイーツ。

大好きなものに囲まれて生きていたいのに…社会の最前線で働く私は、女を捨てて男のようにふるまわないといけないの?

「私、ピンクが好きってダメですか?」

◆前回までのあらすじ

“美人すぎる研究員”としてメディアにも出演する笹本桜(27)は、その仕事ぶりからは想像もつかないほど、ガーリーで可愛らしいものが好き。

そんな桜は、男勝りな同級生・石川夏希(27)と再会。桜と夏希、2人の運命が動き出すことに。

女上司たちに詰め寄られ、「部署移動」の提案をされた桜が取った行動は?


この日の食事会は、男性4人、女性4人。女性は、桜と夏希の他、仲の良い会社の同僚2人。男性は、石山太一の声掛けで集まった、東大の同級生が1人と、代理店の関係者が2人来ていた。

男性陣のお目当ては当然、雑誌やメディアへの出演で有名な桜だ。あの可愛い笹本桜が食事会に参加するとなれば、男性陣が殺到するのは当然のこと。

夏希も抜群の美人だし、同僚たちも綺麗どころだ。石山太一もエリートなので、交友関係もハイスペック。レベルの高い華やかな集まりになるだろうと、予想された。

ところが、である。

あまりにも不可思議な状況に、男性陣も女性陣も動揺するばかりだ。

「桜…さん?…えええと、今日は、いつもとイメージが違いますね」

太一は、懸命に言葉を選びながら、メガネにボサボサの髪で真っ黒なスーツに身を包んだ桜を見て、そう言った。

桜は小さくうなずいたまま俯いて「そうでしょうか」と消え入るような声で返事をする。

太一は取り繕うようにあたふたしたまま「お似合いですよ」というようなことを言い、周りもそれにオロオロしながら同意した。

正直、桜のその姿は違和感しかない。しかも、態度までいつもの桜ではないのだ。よく笑い、よく喋る。そんな、明るく朗らかな普段の様子は今日の桜からまったく伺えず、表情は固く、常に黙り込んでいた。

男性陣の本音は、桜の様子にがっかりした…というものかもしれない。

とはいえ、太一と親しいステータスのある大人たちだ。当然、露骨な態度は取らないし、なんとなく桜に気を使いながらも場を和ませようと気を配っていた。

それに、桜の姿にギョッとしたのは女性たちも同じなのだ。むしろ、同僚である彼女たちの方がその姿に驚いただろう。「これは絶対なにかあったに違いない」という思いを抱えながらも、腫れ物に触れるように扱うしかなった。

そんな状態ではあったが、それなりに楽しく食事会は進んだ。お酒も会話も進み、それぞれの趣味や休みの過ごし方の話になると、太一は意外な一面を見せ女性陣を驚かせた。

【ピンクが好きってダメですか?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo