世田谷が誇る名店 Vol.1

成城を象徴する優雅なフレンチ。特別な日には、上品な街の名店が間違いない!

東京23区で1位の人口を誇る世田谷区。

高級住宅街をいくつも抱えるこの街のレストランは、舌の肥えた大人たちによって磨かれ、レベルの高い店が多い。

そんな世田谷が誇る、「名店」と呼ばれる店を紹介する。


成城の大人を象徴する、優雅で温かみのあるフレンチ
『レストラン アシエット』@成城学園前

都内屈指の閑静な住宅街として知られる成城学園前。

駅直結の商業施設ができてからは街並みが少しずつ変わりつつあるが、その移り変わりを静かに見守っているのが、駅にほど近い裏通りに店を構える『アシエット』だ。

店名は仏語で“お皿”の意味。

〝由緒正しきお屋敷街〞を象徴するかのような瀟洒な建物で、1996年に創業した地上2階、地下1階建てのレストラン。

エントランスをくぐり、階段でを上に進めばそこにはクラシカルな雰囲気に彩られたダイニングが広がる。

眩い白さのクロスにはカトラリーやグラスが整然と並べられ、季節の食材を使った美味が次々に登場。

「オマール海老のグリエ アメリケーヌソース」(写真の料理は¥7,000のスペシャルコースの一例)。オーブンでサッと焼き、レア気味に仕上げた名物料理。強火で炒めた海老の甲殻にブランデーなどを加えて作る濃厚なソースとともに。旬の焼き野菜もたっぷり


創業から23年たったいまでも地元の人に愛され続けるのは、このレストランが時代を経ても変わらない品格と温かい雰囲気に満ちているからだろう。

食事を愉しむゲストは一様に優雅で余裕のオーラに溢れており、流れる空気は幸福そのもの。

オードブルにはじまり、名物のオマール海老や牛フィレ肉のグリエが登場するスペシャルなコースは¥7,000と真心を感じる価格設定。


地元でも意外と知られていないが、地階にはバーを備えている。

クラッシックな重厚感のある空間で、まさに大人の隠れ家。

バーのみの利用もでき、レストランのメニューも楽しめる。

店の奥にはソファ席もあり、アペや食後に立ち寄るのもおすすめだ。

月刊誌最新号は「世田谷のいい店」がテーマ!

最新号の購入方法はこちらでご紹介!

ネット購入なら、雑誌購読が一気に身近になる!
【ネットでのお求めは、AmazonもしくはFujisanで!】

※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今号は1/21(火)から。



【東カレ読者アンケート実施中!】

アンケートに答えて、家でも最高のビールを愉しめる 「神泡サーバー」をもらおう!
アンケートはコチラから!

【世田谷が誇る名店】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo