休日ジェットセッター【プランニング編】 Vol.8

滞在49時間でセブ島へ!寒い日本を飛び出して行きたい、女の弾丸ステイ・セブリゾートの魅力♡

もしも短い週末を利用して、現実から離れ、ひとときの特別な時間を過ごせたなら…?

そんな願いを可能にするのが、週末弾丸旅行だ。長期の休みが取れなくても、土日あるいは連休を使って、あるいはさらにそこに有給を合わせ、2〜4日間の短い旅行を楽しめる。

一分一秒も無駄にしない旅のプランニングをしてくれるのは、“休日ジェットセッター”として日本と海外を行き来する、週末旅のエキスパートたち。

前回は、北海道夜更かしプランを紹介した。

今週は、寒い日本を飛び出して、この時期にこそ行きたい南国・セブ島の2泊3日・旅プランをご紹介!


今回、弾丸旅のプランニングをしてくれたのは・・・


総合商社に一般職として勤務する佳奈さん(29)。まとまった休みが取れるのは年に数回だが、旅行が大好きな彼女は、週末や三連休を上手く使って積極的に海外へ行っているそうだ。

特にビーチリゾートが大好きで、訪れた国は数知れず。そんな佳奈さんが特にお気に入りだというのが、セブだ。

フィリピンの中でも、南国リゾートとして名高いのがセブ。実は近年、続々とお洒落なレストランがオープンしているのをご存知だろうか。

佳奈さんのプランは、土日に有休を1日だけ足して、あるいは3連休を使って行ける、2泊3日の弾丸トリップ。

決してビーチだけではない、セブの魅力がたっぷり詰まったプランをお届けしよう。

1月25日、土曜日。14:00 マクタン・セブ国際空港到着(残り滞在時間49時間)


今回利用したのは、9:35成田国際空港発・フィリピン航空のPR435便。

意外にもフライト時間は短く、実は約5時間半で着くセブ。もっと遠いイメージを抱いている人もいるかもしれないが、成田からの直行便があり、身近なアジアリゾートの代表と言っても過言ではないだろう。

さてここで、セブを訪れるにあたって抑えておきたい2つのエリアについて、予習しておこう。


まず、セブの州都であるセブシティは、セブ本島にある。セブシティは活気に溢れ、数々のショッピング施設やローカルマーケット、観光におすすめの歴史建造物などが混在している。

一方、そのセブ本島から2つの橋で繋がれているのがマクタン島。空港やリゾートエリアがあるのは、こちらのマクタン島側だ。

マクタン島の東側には数々のリゾートホテルが集中しており、いわゆる「セブリゾート」といわれるのはこのエリア。実は、リゾートを求めてセブ旅行に行く観光客のほとんどが、セブ本島ではなくマクタン島側にステイしているのだ。

15:00 『シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ』ホテル到着&チェックイン(残り滞在時間48時間)


今回の滞在は、セブの中でも屈指の高級リゾートホテルである『シャングリ・ラ マクタン リゾート&スパ セブ』だ。マクタン島のリゾートエリアに位置し、空港から車で約20分という好立地にある。


チェックインを済ませたら、ディナーまでの時間にとりあえずプールへGO!

こちらのホテルは、プールの種類の豊富さに加えて、ウォータースライダーまである充実ぶり。また、プールサイドバー『ブコバー』では、軽食やドリンクを楽しめる。

プールサイドでアイスクリームを食べたり、キンキンに冷えたビールを飲んだり。この時期の東京では絶対に味わえない、太陽の光をたっぷりと浴びながらリラックスタイムを。


【Shangri-La’s Mactan Resort & Spa, Cebu】
住所:Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu, Cebu, 6015 Cebu, Philippines
電話番号:+63 32 231 0288
URL:https://www.shangri-la.com/jp/cebu/mactanresort/
地図:Googleマップ


プールの後は一度部屋へ戻り、着替えてディナーに出かける準備をしよう。

レストランがあるのは、セブ島側のセブシティ。マクタン島のリゾートエリアから通常はタクシーで1時間弱程度かかるが、セブはかなり渋滞することで知られている。移動の際は余裕をもって出発しよう。

時間帯があえば、ホテルからのシャトルバスを利用するのも便利。タクシーを利用した場合の運賃も、セブでは非常に安いのが嬉しい。

【休日ジェットセッター【プランニング編】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo