【WEB限定カットあり!】新木優子が港区の夜景に抱く、ある日々の思い出とは?

美しい夜景を見た瞬間に、日常が突如輝く。都会の光がもたらす気持ちの昂りは、大人こそ知る特別な瞬間だ。

感性豊かな女優にそんな高揚を体験してもらうべく、今回は新木優子さんを港区にたつホテルの41階にお連れした。

話題作『六本木クラス』のヒロインに抜擢された彼女は、今一番東京の夜景が似合う人といえるだろう。

街の煌めきが引き出す、人気女優の未知なる魅力とは?

そんな新木さんが等身大で語ってくれたインタビューを、今日と8/2(火)の2回に渡ってお届けします!

>>>新木さんの貴重な撮りおろしも多数掲載!こちらからスクロールしてご覧いただけます!

もっと見たい方は写真ギャラリーをチェック!



東京カレンダーのプレミアム会員になれば、この記事で掲載しきれなかった新木さんのインタビュー全文と、雑誌の最新号を電子書籍で今すぐお読みいただけます。アプリのダウンロードはこちらから。

今でも都心の夜景を見ると頑張っていた日々を思い出します


夜景の見えるレストランでのデートについては、「そういう場所をわざわざ予約してくれる心遣いが嬉しい」と話していた彼女。

私的な夜景の魅力は、刺激というより心ほぐされることのようだ。

だから、東京タワーの灯りを望む「The Okura Tokyo」の客室も、ただそれだけで贅沢で、奇を衒った過ごし方はしないだろうと話す。

「家と同じ日常的なことをここでやってみたいです。それがかえって特別感に気づけるのかなと思います。

例えば仕事のアンケートに答える作業とか。いつもと違う場所で普段のことをするって新鮮ですし、はかどりそう(笑)。せっかくなのでルームサービスをとって長くお部屋で過ごし、眺めを存分に味わいたいです。

陽が暮れていく時間も綺麗なはずで、東京タワーに電気がつく瞬間を見て、“あっ、電気ついた!”と、そんな経験もしてみたいです」

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo