休日ジェットセッター【プランニング編】 Vol.8

滞在49時間でセブ島へ!寒い日本を飛び出して行きたい、女の弾丸ステイ・セブリゾートの魅力♡

17:30 オシャレな邸宅レストラン『circa1900』でディナー(残り滞在時間45時間30分)


「可愛い…!!」お店を見るなり、思わずこう叫ばずにはいられないのが、この『circa1900』だ。

豪華な一軒家を改装して造られた店内は、セブ内でもオシャレで可愛いと話題に。しかもこのお店の魅力は、見た目だけではなく料理まで超一級ということだ。

メニューはフィリピン料理からヨーロッパ料理まで多岐にわたり、伝統的なレストランというよりは、地元の食材を積極的に使用したフィリピンのモダン料理。何を食べても美味しく、現地の人たちからも観光客からもお墨付きだ。

一度味わえば、今まで抱いていたフィリピングルメの概念が覆されるかもしれない。

またセブの歴史を感じさせてくれる店内とガーデンは、是非写真に収めておきたい。まだ日が出ている早めの時間からディナーを楽しんで。

【circa1900】
住所:Sanjercasvil Road, Gorordo Avenue, Cebu City, 6000 Cebu, Philippines
電話番号:+63 32 239 6265
URL:http://circa1900cebu.com
地図:Googleマップ
営業時間:【メインレストラン棟】17:00~23:00
     【タパス&BAR棟】11:00~24:00

もしも時間ができたら…お土産ショッピングでチョコレートを購入!

バラマキ用に買いたい「THEO & PHILO」のチョコレート


レストランの近くには、『JYスクエアモール』というショッピングモールもあるので、もしも食事の前後に時間ができたら、ふらりと立ち寄ってみるのもオススメ。

モール内にはスーパーマーケットもあるので、バラマキ用みやげが見つかるかも?

ちなみにセブで買いたいオススメのおみやげは、チョコレート。

実はフィリピンは、カカオの栽培を行っているためチョコレートが有名なのだ。今回は行けなかったが、伝統的なチョコレートドリンク作りの製法や歴史を学び、体験して食べることもできる「Casa De Cacao」という場所もあるほど。

“フィリピンのお土産=マンゴー”と思いがちだが、可愛いパッケージのチョコレートならば喜ばれること間違い無し。バラマキ用にピッタリなのが、日本でもオシャレなチョコレートブランドとして知られている「THEO & PHILO」。華やかなパッケージが女子ウケ抜群で、日本で購入するよりはるかに安く手に入る。

チョコレートドリンク作りを見学できる「Casa De Cacao」

21:00 セブ内屈指の高級SPA『Chi the SPA』で心も体もリラックス(残り滞在時間42時間)


ディナー後はホテルへ戻ってスパタイム。セブのシャングリ・ラに泊まるならば、『Chi the SPA』に行かずしては帰れないだろう。

中庭を有するスパは、一棟一棟完全個室のヴィラになっており、スパエリアに足を踏み入れると綺麗な蓮の花が迎えてくれる。

丁寧なマッサージには定評があり、アロマオイルの香りに包まれながら思わずウトウトとしてしまう。施術が終わる頃には心身ともに疲れも取れること間違い無し。明日は朝が早いので、スパの余韻に浸りながら今夜は早めに就寝しよう。


【Chi the SPA 】
住所:Punta Engaño Rd, Lapu-Lapu, Cebu, 6015 Cebu, Philippines
(Shangri-La’s Mactan Resort & Spa, Cebu内)
電話番号:+63 32 231 0288
URL:http://www.shangri-la.com/cebu/mactanresort/chi-the-spa/
地図:Googleマップ
営業時間:10:00~22:00

【休日ジェットセッター【プランニング編】】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo