深夜0時の分岐点 Vol.2

彼氏のインスタログイン時間で、行動を監視する女。不満をため込んだ末の決断

深夜0時。
シンデレラの魔法が解け、現実に戻るように…

27歳。
学歴良し、勤め先良しの男女が送る夢のような日々は、27歳で現実を迎える。

魔法が解けた時、27歳の男女は一体どんな選択をするのだろうか。

前回は、27歳になっても子供っぽさが抜けない彼氏との別れを決断した智絵美を紹介した。今回は…?


深夜0時。

華の金曜日。いつもよりメイクに気合を入れた女子たちが、煌びやかな夜に胸を踊らせ、軽やかな足取りで街を歩いている。

…というのに、既に部屋着に着替えた菜月は、ベッドの上で無心でSNSを漁っていた。

「恋愛のタイプは3つに分けられる。あなたは「不安型愛着スタイル」、何らかの不安がつきまとう環境で育った人に見られる傾向です。」

回避型・安定型・不安型...。どうして人は年を重ねると、恋愛を体系的に学ぼうとするのだろう。

-「回避型」の亮と「不安型」の私、水と油じゃん。

真剣に恋愛の記事を読み漁る自分を少し馬鹿らしく思いながら、菜月は恋愛のタイプに自分と亮を当てはめていた。

3年前、友人の紹介で出会い交際を始めた菜月と亮。その頃、亮は日系の金融機関に勤めていて、2人は頻繁にデートに繰り出していた。

亮と会えない日は食事会に参加して心を満たす。社内でも美人で有名な菜月は、隣のチームからも食事会の声が掛かることが度々だった。大学卒業後、憧れの総合商社には入れなかったけど、専門商社でグローバルな仕事をこなしながら、充実したプライベートを過ごす。

しかし、菜月が夢にまで描き叶えた日常は、気がついた頃には跡形も無く消えていた。

今年4月に亮が外資系に転職して以来、亮は会食三昧になり、2人で過ごす時間は急激に減ったのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
美紗は良いお友達ですね!
2020/01/05 06:3799+返信1件
No Name
いや、不安にさせてんのあんただから
結婚の重圧がなくなってほっとしてるだけじゃん
2020/01/05 07:1299+返信2件
るるる
こういう人って、結構いるー!!ダラダラしてて人生無駄にしてる感じ。こういうのは結婚しても変わらず、つまんなそうに愚痴ばっかり言うんだよね〜。自分のことしか見えてないし、自分を美化して見てるからタチが悪い。
2020/01/05 06:4863
No Name
お互い自立した上で、一緒にいると楽しいのが理想ですね。 結婚後も同じ。 自分で自分を幸せにできない人には他の人を幸せに出来る器量はないかと。 自立は人生の基本かつ深いテーマだと思います。
2020/01/05 08:0236
No Name
周りが何を言っても変わらなくて、いつも同じ場所で足踏みしてて似たような愚痴ばかり言ってる人に、注意するのも面倒になるって気持ちがよく分かる。

そういう人って、相談するふりして話しを聞いて欲しいだけだから、こちらが真剣に考えて何かを言っても、デモデモダッテで結局人の話を全然聞かないんだよね。
この主人公は、ちゃんとアドバイス?聞いて少し変われたから、本人も彼氏も友達もハッピーだよ。
2020/01/05 11:4332返信3件
もっと見る ( 22 件 )

【深夜0時の分岐点】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo