オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.78

「“会社の飲み”じゃなかったの…?」男が、別の女と食事しているのがバレた意外な理由とは

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

今月からお送りしている特別編のテーマは、“SNSの答えあわせ”。さて、今週の宿題は?


「ただいまぁ〜」

誰もいないはずの家のドアを開けると、彼女の樹里が、廊下で仁王立ちしている。

確かに彼女には合鍵を渡してあるが、あまりにも不意打ちで、思わず上ずった声が出てしまった。

「あ、あれ?樹里起きてたんだね。今日は飲み会で遅くなるよ、って言っていたのに」

僕は樹里にきちんと、“今日は会社の飲み会だから遅くなる”と伝えていた。それは遠回しに、“今日は来ないでね”という意味でもあったのだが・・・。

「飲み会だったのは知ってるよ。それより直斗、今日は誰と飲み会だったの?」

さっきから、明らかに樹里は機嫌が悪い。何となく嫌な予感がする。

「え?だ、だから会社の部署の飲み会だって言ったじゃん。覚えてない?」

本当は、可愛いCAの子達との飲み会だった。けれども彼女の樹里にそんなことは言えるはずもなく、僕は部署の飲みだと嘘を言っていたのだ。

「ふ〜ん、そうなんだ」

—あれ?これって、バレてる・・・??

頭の中で、一生懸命考えていた。これまで何度もこっそり女性がいる食事会へ行っているが、一度もバレたことはない。

けれどもどうして今回だけ急に、樹里は気がついたのだろうか。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo