ロマンスが恋しくて Vol.13

「独身というだけで、肩身が狭かった…」。結婚の予定が白紙になり、年下の男を自分から誘った女

いつの頃からか、「婚活してるの?」とすら聞かれなくなった。

幸せになりたいと願う気持ちは、何歳になっても変わらないのにー。

35歳を過ぎてから「独身」がコンプレックスとなっていく女。婚活歴15年の山崎真理子も、まさにそういう女だった。

顔は悪くない、性格は難なし、仕事は順調。結婚願望は今もある。

―40歳になったって、恋愛も結婚も仕事も、諦めたくない。

これは、年齢を重ねるにつれて“幸せになること”を諦めかけていた女が奮起し、幸せ探しを再スタートする物語である。


真理子は、後輩の心ない一言で撃沈し、それをバネに幸せを必ず掴むという決意をした。気がつけば、年下の上司・黒田に少しずつ惹かれ始める

ニューヨークで出会った宏人からプロポーズをされたが、結局関係は白紙となってしまった。婚活が振り出しに戻った41歳の真理子は、幸せを掴めるか…?


「えっ…。結婚の話、なくなってしまったの…?」

「はい…」

真理子は、マンションのオーナーであるマダムの部屋にいた。

プロポーズしてくれた宏人との関係が白紙になってから、2週間が経っている。41歳で婚活が振りだしに戻った話の一部始終を、真理子はマダムに報告したのだ。......


【ロマンスが恋しくて】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo