オトナの恋愛塾~宿題編~ Vol.70

最初は、毎晩盛り上がっていたのにナゼ?女が男の前で、絶対してはいけなかったこととは

私たちはこれまでに散々、LINEデートのHow toを学んできた。

しかし、やっとの思いでLINEやデートに漕ぎ着けても、失敗の可能性は常につきまとうのだ。

あんなに盛り上がったはずなのに、突然の既読スルーに予期せぬ別れ。 恋人同士になれたかと思ったのに、いつまでたっても一進一退を繰り返す関係性。そんな経験、無いだろうか?

男女の関係を次に繋げる方法を学ぶため、あなたに宿題を出していこう。

さて、今週の宿題は?


悟史とキス以上のスキンシップが無くなったのは、いつからだろうか。

出会った当初はあんなにも燃え上がって毎回求めていたのに、私の記憶にある限り、ここ半年以上体の関係はない。

正確に言うと私は欲しているが、彼の方が私を抱こうとしなくなっていた。

悟史との交際期間は2年になる。

以前はレスが原因で離婚したり、別れるカップルの話を聞いて、信じられない話だと思っていた。

だって、レスになるなんて思ってもいなかったから。自分には無縁の話だと思っていたのだ。

けれども気がつけば今まさに、私たち自身が“信じられない”と言っていたような、男女関係の一切ない状況に陥っている。

「悟史、そろそろどう?」

ある晩、勇気を振り絞って、悟史の背後からそっと背中を抱いてみた。

そう言えば最近、“絵美”という名前すら呼んでもらっていないことに気がつく。

「ごめん、今夜は疲れていて」

酒に酔っていた悟史は、ただ面倒くさそうにこちらに顔を向け、それだけ言うと眠ってしまった。

その背中に触れようと思えば、触れられる距離にいる。それなのに、私たちがこれ以上密着することはない。

私とできなくなったのは、私をもう“女”として見られないからなの?

それとも、他に女が出来た??

悶々とした気持ちを抱えたまま、ただただやるせない気持ちを押し殺して、私は眠りについた。

【オトナの恋愛塾~宿題編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo