旨味の詰まった肉汁で口中を満たす幸せ!美女が神楽坂の新トラットリアにハマった理由


赤身肉ブームが起こってはや数年。

ヘルシーな赤身は「美味しいものを食べたいけど太りたくない!」という女性の支持を集め、いまでは肉女子会も珍しくない。

それは、お肉を売りとするビストロやトラットリアが増えてこその現象だろう。

そこで今回は、肉食女子たちのひと晩をご紹介。

この物語の主人公:西野あおいさん(32歳)。製薬会社勤務。好きな食べものはステーキ、トリッパの煮込み、ハムなど洋食の肉料理。いつか「イタリア・スペイン肉食べ歩きの旅」に出るのが夢。その他趣味はベランダ菜園。彼氏なし


スタイル抜群の女友達からも
「お肉行こう」が当たり前に


なんてことない平日の夕方。

友人カナから誘いのLINEが入った。


彼女とは学生時代からの知り合いだけどふたりで食事に行くようになったのはここ3年ほど。

お互い食いしん坊という共通点があって、なかでも大のお肉好き。

昔はみんなでカフェに集まって、恋愛の近況報告という女子会だったけど、30歳を過ぎてそれも変わってきた。

好きなものを食べながら、ゆるくお喋り。

そのモードに合うのがカナで、お肉が食べたいとき、つまりは定期的に誘い合っている。


彼女の影響で最近はもっぱら赤身。

赤身なら毎日でも食べたいくらいだ。

カナは「食べると痩せる!」とまで言い、それがスタイル抜群だから説得力がある。

確かに私も赤身を頻繁に食べるようになってから身体がすっきりしてきて、お肌の調子もいい。

それも、美味しい赤身の方が効果があるような気がする。

もはやふたりの“食べるサプリ”となった赤身の会が今夜も始まる。

女ふたりだからお洒落感もあって落ち着けるお店が理想的だ。

そんな条件に合う気になる新店が神楽坂にできたので、現地で落ち合った。

5月に誕生した『マスティカーレ ベーネ 神楽坂』は、二階建ての一軒家からなる肉イタリアン。入口には迫力の肉セラー

店内はアートが壁に描かれたユニークな空間。木を多用した内装は温かみもあり、ゆったり過ごす女子会に最適

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo