もう1人の私 Vol.2

「軽めのサイコ」と呼ばれた超エリート外銀夫。歪んだ欲望が招いた、破滅へのカウントダウン

貴方は、自分の意外な一面に戸惑った経験はないだろうか。

コインに表と裏があるように、人は或るとき突然、“もう1人の自分”に出会うことがある。

それは思わぬ窮地に立たされたとき、あるいは幸せの絶頂にいるとき。

......そして大抵、“彼ら”は人を蛇の道に誘うのだ。

前回登場したのは、甘美な「既婚者同士恋愛」の罠に嵌った麻美(30歳)。そして今回は、その夫・雄一(33歳)の、「もう一人の私」が目を覚ます―。


「じゃあ、お大事に。何か欲しい土産があったら、明日俺が新幹線に乗る前にLINEして」

マンションを出る直前、寝室のドアを開けて言葉をかける。妻の麻美はふてくされているのか寝たふりか、返事はなかった。

雄一は、妻の不機嫌には気付かぬふりをして、玄関を出た。

マンション......


【もう1人の私】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo