32歳のシンデレラ Vol.1

32歳のシンデレラ:「私は、30代に何を願えばいい…?」上京の夢を諦め、地元で30歳を迎えた女の決意

「その10年が人生を決める」とも言われる、20代。

大半は自分の理想や夢を追い、自分の欲に素直になって、その10年を駆け抜けていく。

しかし中には事情を抱え、20代でそれは叶わず、30代を迎える者もいる。

この物語の主人公・藤沢千尋も、とある事情から、自分自身を後回しにした20代を過ごし、30歳を迎えたうちの一人。

思い描いていた夢は叶わず、20代を家族のために生きた千尋は、30代で自分自身の幸せをつかむ『シンデレラ』となることはできるのか―?


―お母さん…。私、30歳になったよ。

母の死から四十九日。親戚の集まりが終わり、家に帰り着いた藤沢千尋は、化粧を落とそうと洗面台の前に立っていた。

先ほどまでの緊張感が緩み、ふいに目に涙がにじむ。涙を抑え込むようにそっと瞳を閉じた。

千尋は、母の死からちょうど1か月......


【32歳のシンデレラ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo