港区モード Vol.5

One day:28歳の男が人生最悪の日に見つけた、小さな希望

子供の頃に憧れたヒーローは、長いマントを靡かせ、太陽に向かって堂々と立っていた

ヒーローの真似をして、バスタオルを肩にかけ、扇風機の風を目一杯浴びていたあの日ー

僕は無敵だった

けれど大人になって出会ったヒーローは

ミッドタウンを象徴する、ブロンズ製の彫刻に寝そべっていた



自由な大人って、何だろう


僕のヒーローは、漆黒のパーカーを纏いスマホだけを持って、六本木のビル風の中を颯爽と歩いていた

僕がなりたい、“リアル”なヒーロー

楽しげで、すれ違う人みんなに声をかけられ、時折真剣な眼差しを見せる

何にでも正々堂々と立ち向かえるような強さを秘めた、立派なヒーローだ


思えばスーツ以外の洋服なんて、もう1年以上買っていない

—なぜ?

それは…

ステレオタイプな型にハマろうとしていたのは、僕自身だ

僕も、あんなパーカーを買いに行こう

大人になった僕は、バスタオルでヒーローの真似をしなくてもいいんだ



使い古された言葉でもいい

昨日の失敗は明日の成功に続く、ただの通り道だ

好きなあの子を、デートに誘おう

報われるまで、やり続けよう

僕もいつか、誰かのヒーローになろう


新しいことをしよう 新しい自分になろう


それを纏えば、ドラマが生まれる

港区モード。



▶NEXT:7月2日 火曜更新予定
鮨屋で出会う、港区モード


今週の港区モード:「ラルフ ローレン パープル レーベルのパーカー」


休日、ふらりと訪れた東京ミッドタウン。コレといった目的があるわけじゃないけれど、近所だからついつい来てしまうこんな場所に相応しいのは、リラックスした雰囲気なのにどこかラグジュアリーなオーラが漂う黒のパーカーだ。

パーカー¥77,000 ショーツ 42,000円 スニーカー 80,000円〈すべてラルフ ローレン パープル レーベル/ラルフ ローレン0120-3274-20〉


この手のアイテムはどちらかといえばワンマイル ウエアやスポーツウエアというイメージの強いが、ブランドのハイエンドラインとして知られる〈ラルフ ローレン パープル レーベル〉のパーカーはひと味違う。

裏起毛になっていて着心地も快適そのものだし、フード部分に同色でブランドのレタリングが刺繍されているから、ラグジュアリーな雰囲気もたっぷり。



【東カレユーザーの休日事情を緊急アンケート!】
コロナ禍で、生活様式が大きく変化した一年。
食事や趣味などについて、
貴方の休日の過ごし方をお聞かせください!

皆さんからの回答結果はまとめて発表いたします!
以下リンクよりお答えください。
https://questant.jp/q/OZ71A7QL

【港区モード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo