家族ぐるみ Vol.3

「ご主人のどこが良くて結婚したの?」夫を侮辱する友人の妻...初めて知った、二人の過去

人は、“繋がり”を求める生き物だ。

幸せになりたくて友を求め、恋をし、家族を作る。

そうして幸福な家庭を築いた者は、次第に自分たちだけでは飽き足らず、よその家族まで求めてしまう。

それが、底なしの沼だとも知らずに...。

マンネリな毎日に飽き飽きしていた海野美希(36)は、夫(38)の提案で、彼の学生時代の友人2家族とランチを共にする

ランチがおおむね和やかなムードだったこともあり、「次回は我が家でBBQを」と山本家と日向家を誘った美希。だが、当日現れた山本の妻は、BBQへの参加を全力で拒むかのような真っ白なワンピースを身にまとっていた。


「海野、今日はありがとな。それにしてもこのパーティールーム、広くていいな」

「だろ?共有施設が充実してるのがやっぱタワマンのいいところだよ」

一人グリルの炭と格闘しながら、誠は汗だくの笑顔を浮かべている。日向達也のお世辞を間に受けて、すっかり気分を良くしているようだ。

約束の正午を迎え3家族が全員集合した海野家のマンションでは、今まさにBBQが始まろうとしていた。

美希は朝から仕込んだ食材を自宅のキッチンから運び終えると、日向家から手土産として渡されたスパークリングワインを人数分のグラスに注いだ。

真っ白なワンピースで現れた律子は、案の定グリルに近づこうともせず、オーニングの作り出した日陰の椅子に座りながらのんびりとした時間を楽しんでいる。

いや、律子だけではない。日向達也こそ子供達が火に近づかないよう目を配っているものの、日向千花も、山本龍太も、どっかりと椅子に腰を下ろしておしゃべりに興じているのだった。

―皆さん、今日は我が家に来ていただいたゲスト…だもんね。少しは手伝って欲しいけど、そういうわけにもいかないか…。

釈然としない気持ちを密かに燻らせながらも、美希はワイングラスをウェイトレスのように配って回る。

夫の誠は、とても手が離せる様子ではない。だが、今が5月であることを忘れてしまうほどじりじりと照りつける太陽の下では、皆の喉の渇きもそろそろ限界だろう。

美希は、僭越な役どころかもしれないことを懸念しながらも、勇気を出して声を張り上げた。

「皆さん。今日はわざわざ来ていただいてありがとうございます。暑いですし、まずは乾杯しましょうか」

しかし、美希が高らかにグラスを持ち上げた途端、割り込むようにして山本龍太が「あっそうだ!」と大きな声を上げる。

そして美希の側に駆け寄ると、高級スーパー・明治屋の紙袋をぐいと突き出したのだ。

【家族ぐるみ】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo