美女失脚 Vol.5

「今の契約をもって、終了に…」表舞台から引きずり降ろされた、29歳女の非情な運命

「女の価値は、顔でしょ?」

恵まれたルックスで、男もお金も思い通り、モテまくりの人生を送ってきた優里・29歳。

玉の輿なんて楽勝。あとは、私が本気になるだけ。

そう思っていた。

だが、30歳を前に、モテ女の人生は徐々に予想外の方向に向かっていく…。

清宮に続き、政治家の御曹司・康一郎にも振られた優里。さらに、自暴自棄になって、一夜の関係を持ってしまった。どうなる、モテ女の人生…?


「優里さん、ご報告なんですけど…」

イタリア街にある『ミッレ フィオーレ』でのランチタイム。

席に着くなり、後輩の奈央が口を開いた。

優里は、“ご報告”という言葉に、一瞬身構える。きっと…結婚だ。

「実は私、結婚することになったんです」

−ああ、やっぱり。

「おめでとう!良かったじゃない!」

正直、2歳年下の奈央に先を越されるとは、内心穏やかではない。ただでさえ、優里は衝動的に男と一夜を共にしてしまった直後なのだ。

雅也からはあの後何も連絡がない。本当に、一夜の関係だったのだろう。

しかし、あからさまに落ち込んだり、詳細をガツガツ聞いては女が腐る。良い女たるもの、どんな時でも余裕を持っていなくては。優里は明るく、カラッと返答した。

「奈央ちゃんに彼氏いたなんて知らなかったよ。相手は、どんな人?」

「電機メーカーの研究職です。何の研究をしてるのか、詳しいことは分かりませんけど…」

−奈央ちゃん、ずいぶん妥協したのねぇ。

優里たちが働く広告代理店の受付は、顔採用で有名なのだ。奈央も抜群のルックスを活かし、雑誌の読者モデルをやっている。

奈央とは、タワマンでのホムパや経営者との食事会に一緒に参加してきた仲だ。

メーカーの研究職といえば、安定はしているが、年収は良くて1,000万。もっと良い男を狙えるはずなのに、諦めるなんてもったいない。

すると、奈央は思いもよらない言葉を口にしたのだ。

「あと、転職することになりました!」

【美女失脚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo