美女失脚 Vol.1

美女失脚:女の価値は、顔でしょ?玉の輿目前だった超絶美女の人生が、狂い始めた夜

「女の価値は、顔でしょ?」

恵まれたルックスで、男もお金も思い通り、モテまくりの人生を送ってきた優里・29歳。

玉の輿なんて楽勝。あとは、私が本気になるだけ。

そう思っていた。

だが、30歳を前に、モテ女の人生は徐々に予想外の方向に向かっていく…。


“未読メッセージ 32通”

仕事を終えた優里は、急いで化粧室へと向かった。

今夜のデートに向けて念入りに化粧を直しながら、溜まったLINEをスクロールする。

−滝沢:優里ちゃん、次はいつ会えそう?

−Masato:今週の金曜日は『センス』を予約しています。大丈夫かな?

−Y.Kitamura:来週の日曜日、葉山までドライブでもどう?

メッセージのほとんどは、デートのお誘いだ。(ちなみに、それ以外はお食事会の誘いである)

優里は、差出人をざっと確認し、優先順位の高い人物から開封していく。

ぎゅうぎゅうに詰め込まれたデートの予定と擦り合わせて返信するのは、なかなか骨の折れる作業だ。上位3人に返信したところで、手首に巻かれたカルティエのタンクに目をやった。

−やばい、もうこんな時間。そろそろ行かなくちゃ。

今夜のお相手は、今持っているカードの中でも優先順位トップの弁護士・清宮隆一。

隆一と会うのは今回で3回目だ。

初デートで脱落する男性がほとんどの中、見事3回目のデートに駒を進めた隆一には、優里もそれなりに気がある。

家柄も年収も申し分なく結婚歴もない隆一は、後退気味の頭が玉にキズだが、まあ、結婚相手としては悪くない。隆一とだったら付き合っても良いかなと思っていた。

だが、付き合うとなったら他の相手とのデートをキャンセル、調整しないといけない。

−それもそれで面倒だなあ…。

そんなタラレバに頭を悩ませながら、優里は、仕上げに香水をひと吹きした後、鏡に向かってとびきりのスマイルを作った。

−今日も完璧だわ!

【美女失脚】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo