港区モード Vol.1

最後の男:「君のこと、すごいタイプ」。耳元で囁かれた女が、男の誘惑に負けた夜

港区には、モードな男たちが多数出没する。

スタイリッシュで、品があり、上質なファッションを纏う『港区モード』な男たち。彼らが街を歩けば、そこにドラマが生まれる。

この連載では、『港区モード』な男を目撃した人々に起こる、小さなドラマをご紹介しよう。

初回は、千沙(28歳)の物語。


思えば私は、22歳の時からずっと「最後の男」を探してた。

大学生から社会人になる頃、それまでよりも少しだけ「結婚」というものをリアルに考え始めるようになった時。自分の人生で「最後の男」となる結婚相手は、一体誰なんだろう?と胸を弾ませながら度々考えていた。

「次に付き合う人と結婚するかもしれない」という気持ちは、常に心のどこかにあったように思う。

だから、今付き合っている孝太郎が「最後の男」になるのかもしれないと考えたのも、当然のことだった。

2年前、会社の先輩である薫さんと一緒に食事しているところに、たまたま居合わせたのが孝太郎だった。

メガバンク勤務の孝太郎は、薫さんの大学時代からの友人だと名乗った。その日は挨拶程度の会話しかしなかったが、後日会社で薫さんに会った際に、満面の笑みでこう言われた。

「孝太郎が、千沙ちゃんに一目惚れしたみたいで。あの時の女性を紹介してくれないかって言ってきたの」

嬉しくはあったものの、その時の私は正直なことを言うと、孝太郎のことをあまり覚えていなかった。嫌な印象はなかったな、というくらいの記憶だ。

「孝太郎ってちょっと地味だけど、誠実だと思うよ。孝太郎がこんなこと言ってくるなんて、本当に珍しいんだから」

そんな薫さんの言葉に悪い気はしなくて、私はデートの誘いを受けることにした。

最初のデートから約2年。今でも私は孝太郎と付き合っている。最初は「ちょっと地味だな」と思った彼だったけれど、知れば知るほど彼の誠実さや優しさに惹かれていった。

まさに結婚向きの男。だから、やっぱり孝太郎こそが「最後の男」になるのかもしれないと本気で考えるようになっていた。

でも最近は、孝太郎の全てが色褪せて見える。

それは、何か大きな原因があるわけではない。不満に思うことがいくつかあるだけ。ちょっとしたことの積み重ねだから、大したことはないと、そう思っていた。

でも実は、大きな原因がない今の状態の方が、付き合いが長くなった恋人同士にとっては危険なのかもしれない。

最近になって、そう思うようになっていた。

【港区モード】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo