ダメな恋の話 Vol.5

「彼が愛してるのは妻じゃない。私です」日陰の立場でありながら、平凡女が不敵に微笑む理由

どうしていつもうまく行かないのだろう。

気がつけばアラサーにもなり、恋愛ならいくつも重ねてきたはずなのに…。

なぜかいつも男に振り回される。逃げられる。消耗させられる。幸せとは程遠いダメ恋を繰り返してしまう。

一体、何がいけなかったのか。どこで間違えてしまったのか。この連載では、自身のダメ恋を報告してくれる女性の具体例を基に、その原因を探っていく。

これまで浮気を許した女プロポーズされない女長文LINE女自称・イケてる美女を紹介した。さて、今週は?


【今週のダメ恋報告者】

名前:竹中有沙(仮名)
年齢:37歳
職業:損害保険会社OL
住居:三軒茶屋

ダメ恋報告No.5:「彼が愛しているのは、私だから」


「結婚するつもりはありません」

『ザ・カフェbyアマン』で、今回の報告者・竹中有沙はさっぱりと言い切った。

彼女は損害保険会社のOLだ。エリア職、いわゆる事務職として働く彼女は今年で勤続15年。十分とは言えなくとも、女ひとり生計を立てることくらいはできる。

すでに三軒茶屋にマンションも購入済みだというから大したものである。

「同期たちが結婚、出産、そして退職していくのをただ見守り続けてきましたよ」

涼しい表情のまま目前のシャンパーニュに手を伸ばす。その仕草は、まるで「そんなの大したことじゃない」と主張しているようだ。

「だって、世の中の夫婦を見渡しても妻なんて名ばかりじゃないですか。新婚のうちはいいとして、5年・10年・15年経っても心から夫に愛されている妻なんて…一体、どれだけいるのかしら」

有沙はどこか不敵な笑みを浮かべ、そしてこうも言うのだった。

「…実際、何人も見てきました。妻にもう愛はない、愛しているのは君なんだって囁く男たちを、ね」

【ダメな恋の話】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo