ダメな恋の話 Vol.1

ダメな恋の話:男の“火遊び”は発覚後の態度が要。ダメな女がやりがちな、NG対応とは

どうしていつもうまく行かないのだろう。

気がつけばアラサーにもなり、恋愛ならいくつも重ねてきたはずなのに…。

なぜかいつも男に振り回される。逃げられる。消耗させられる。幸せとは程遠いダメ恋を繰り返してしまう。

一体、何がいけなかったのか。どこで間違えてしまったのか。

この連載では、自身のダメ恋を報告してくれる女性の具体例を基に、その原因を探っていく。


【今週のダメ恋報告者】

名前:今泉茜(仮名)
年齢:32歳
職業:外資系アパレル
住居:恵比寿

ダメ恋報告No.1: 「彼氏の浮気が発覚。でも、別れたくないんです…」


「彼…圭ちゃんの浮気が発覚したのは、2週間前のことです」

今回の報告者・茜は、そう言って小さく眉を顰めた。

仕事帰りの茜は、白のブラウスにデニムのパンツスタイル。清楚で愛らしい雰囲気だが、その受け答えや話し方は仕事のできる女のそれだ。

ただ、時折瞳を泳がせる仕草にどことなく“弱さ”を感じる。男性から見れば“隙”とも言えるかもしれない。

『PLUS TOKYO』のバーカウンター。茜は頼んでいたジントニックを口に運び、一つ大きなため息をついた後、ぽつぽつと語り出した。

「彼の家に泊まった夜、つい見ちゃったんです。彼の携帯。女の勘ですよね。なんとなく嫌な予感がして、寝ている彼の枕元からそっとスマホを抜き取って。

…暗証番号ですか?圭ちゃん不用心だからLINEにロックかけてないの。スマホ自体のパスコードなら知ってました。覚えてられないから123456にしてるって自分で話してたから」

さらりと恐ろしいことを言っているが、茜は特に悪びれもせず先を続けた。どうやら彼氏のスマホをチェックするのは、彼女にとって初めてではないらしい。

「LINEを覗いたら、案の定…Kaoriって女とのやりとりが残ってて。何度も家に呼んでる感じだった。圭ちゃんの家で…つまり私と彼が寝ているこのベッドで、このKaoriって女とも抱き合ってたんだと思ったらもう、発狂しそうでした」

【ダメな恋の話】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo