先週のアクセスランキング!1位は「交際2年目で、誘われなくなった女。一晩“既読スルー”された挙句に起きた悲劇」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“一晩“既読スルー”された挙句に起きた悲劇”に“モテる男の告白を引き出した、女の手腕”から“高慢な美女を負かした意外な存在”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
交際2年目で、誘われなくなった女。一晩“既読スルー”された挙句に起きた悲劇

「香織さん、ミキちゃんのこと一番期待してる感じだったからそういうことも知ってるのかと思ってた」

そう言われ、少し胸が痛む。自分のことを1番気にかけてくれていた香織が、彼氏の海外赴任でこんなにあっさり寿退社するとは思わなかった。手塩にかけて育てた後輩を手放すことに何のためらいもない様子を見ると、裏切られた気がしてしまうのだった。

ー『30代に入ってから仕事がより面白くなってきた』そう言ってたのは嘘だったの……?

続きはこちら

★第2位
肩書きを手にした途端、肉食美女たちに迫られた男。超モテるパイロットが、意外な女を選んだ理由

そんな風に、自分の欲望に忠実で素直な女性たちは僕には眩しすぎて、次第に、どこか違う世界の住人のように感じるようになっていった。

僕はとうの昔に、そんなふうに全身全霊で他人に何かを期待するような純粋さを失ってしまっていたから。小さな頃に父を亡くして以来、生きるのに少し必死過ぎたのだろう。

そんな僕の視界に、「あの人」だけが、くっきりと輪郭を持って浮かび上がってきたのだ。

続きはこちら

★第3位
「じゃ、付き合おっか」脈ナシからの大逆転。モテる男の告白を引き出した、女の手腕とは

初デート(といっても当日の呼び出しだが)のお礼とともに“週末空いてる日にゆっくり会いたい”とLINEをしたのが、およそ4時間前。

お風呂にまでスマホを持ち込んでいたのは勇輝の連絡を待つためじゃない。バスタブに浸かりながらドラマの見逃し配信を見るのが私の日課なのだ。別に、誰に言い訳をする必要もないのだけれど…。

−それにしても海!?食事とかじゃなくて…!?

続きはこちら

★第4位
妻の元に届いた、得体の知れぬ1通の黒い封筒。「不幸の手紙」を送りつけた意外な隣人とは

「俺に隠し事してない?…困ってることとか。」

女性ものの香水を嗅ぎ付けた妻に焦り、とっさに質問返しをしてしまった。もっと慎重に聞こうと思っていたのに。

「…別にないけど。なんで?」

それならいいや、と言葉を濁し、僕は急いでジャケットに消臭スプレーをたっぷりと振りかけた。それでも、"彼女"が纏っていた花の香りは、なかなか消えてはくれなかった。

続きはこちら

★第5位
「男は同時進行」と、断言していたはずが...。高慢な美女を負かした意外な存在

姉が私の神経を逆なでしようとしているだけだということはわかっている。しかし、それでも彼女の口ぶりには悪気というものが一切ないのだ。純粋に、私を傷つけようとしているだけ…。

まるで今現在も滝沢先生に言い寄られているとでも言いたげな顔を見せる姉だったが、彼は既婚者に手を出すような男だとは思えない。

だからきっと、余計な心配など無用なはずなのに。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo