幸せな離婚 written by 内埜さくら Vol.10

幸せな離婚:夫とのレス修復がかなわないまま“あの女”と遂に対面!

前回までのあらすじ

フリーの映画プロデューサーをしている真壁恭子(35)は夫との離婚を思案していた。

フリーライターの夫、竜也(41)の仕事が激減して生活費を入れなくなった上に、夫が家事を一切行わず恭子に甘えっぱなしだからである。だが竜也の仕事は軌道に乗り、借金と生活費を渡すようになる。

ところが竜也に浮気疑惑が浮上したその夜、恭子は俳優の清水壮太に不意に抱きしめられてしまう。そして恭子は偶然にも竜也と関係があるかもしれない“あの女”と会うことになるが――。

第9話:夫の浮気疑惑が浮上したその夜、妻は別の男に抱きしめられ……。


「ちょっと、どうしたの清水君――」

表参道でばったり会った俳優の清水壮太と食事後、解散間際に急に抱きよせられたため恭子は瞬時とまどった。が、すぐに気持ちを立て直し言葉を発した。

不意打ちのハグで胸はドキドキしてしまっていたが、清水を強く押しのけるような少女みたいな過剰反応......


【幸せな離婚 written by 内埜さくら】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo