ブラックタワー Vol.4

「二人きりになるのは、危険だとわかってるのに…」。密室で、男女が秘密を共有してしまった夜

ーまるでお城みたいに、高くて真っ白な塔。私もあそこの住人の、一人になれたなら…。

ずっと遠くから眺めていた、憧れのタワーマンション。柏原奈月・32歳は、ついに念願叶ってそこに住むこととなった。

空に手が届きそうなマイホームで、夫・宏太と二人、幸せな生活を築くはずだったのに。

美しく白い塔の中には、外からは決してわからない複雑な人間関係と、彼らの真っ黒な感情が渦巻いていたー。

憧れのタワマン暮らしを始めた奈月だったが、元不倫相手が同じマンションに住んでいることが判明し、窮地に立たされる。そしてさらに、ポストに謎の手紙が届いて…


ーなによ、コレ..?

黒い封筒の中身を見た瞬間、奈月はとっさに辺りを見渡した。幸い、ポストルームには自分一人しかいない。

―一体、誰が…?

突然届いた宛名のない封筒には、重厚な見た目の割に、一枚の紙が入っているだけだった。しかし、それを見た奈月は全身の血の気が引き、......


【ブラックタワー】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo