オトナの恋愛塾~解説編~ Vol.48

月1デートで、手も繋ぐ。だけど男がハッキリ「付き合おう」と女に言ってくれない理由とは

恋とは、どうしてこうも難しいのだろうか。

せっかく素敵な出会いをしても、相手に「また会いたい」と思わせない限り、デートにも交際にも発展しない。

仮に、順調に駒を進められても、ある日突然別れを突き付けられることもある。

しかし一見複雑に絡み合った恋愛でも、そこには法則があり、理由がある。

どうしたら、恋のチャンスを次のステップへ持っていけるのか、一緒に学んでいこう。

今回は仲も良いしデートも定期的にするのに恋人関係になれない謎という宿題を出していた。

あなたはこの宿題が解けただろうか?


真帆と出会ったのは、半年前に行った同期の結婚式二次会だった。

その二次会には可愛い子がたくさんいたが、中でも特に華やかで明るい真帆に、つい視線がいってしまったのだ。

そして僕の方から話しかけ、会話をしているうちに真帆も代々木上原在住だということが判明した。

「え、真帆ちゃんも代々木上原に住んでるの?」
「そうですよ〜。淳太さんもですか?」

家が近いと、一気に距離が縮まる気がする。近所だというのを口実に、僕は真帆をサラリとデートに誘うことができた。

「どの辺り?家も近いし、今度ご飯でも行こうよ」
「是非ぜひ!」

こうして、すぐにデートが実現した。真帆は可愛いし性格も良く、一緒にいて楽しい。

だが、僕はこの関係性にハッキリとした答えを出さないまま、半年間もズルズルと、一ヶ月に一回くらいの頻度でデートをしている。

この関係が何なのか?そして何故、僕が真帆を誘うのか?

それは、だたの僕のワガママなのかもしれない。

【オトナの恋愛塾~解説編~】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo