あの子が嫌い Vol.2

同棲して2年経つのに、年末年始は別々なの…?結婚してくれない彼氏から「面倒」と言われた29歳女

「ほーんと、りか子ってエライよね。」

そんな呑気な事を言っているのは、地元の幼馴染・美香だ。

結局、修一の「実家にでも帰れば?」という言葉通り、私は新年を地元の鎌倉鶴岡八幡宮で迎えることになってしまった。

久しぶりに再会した美香と2人で歩く若宮大路は、大晦日のため、真夜中だというのに信じられないほどの人で溢れかえっている。

「そんなこと無いよ…。普通に働いてるだけだもの。」

「なーに言ってるの!」

ここから先は、里帰りのたびに繰り返されるいつもの会話だ。両親も、幼馴染も、口をそろえて同じことを言う。

「地元を出て、東京で働いて、しかも人気雑誌の編集部!秘書なんて誰にでも出来る仕事じゃないでしょう?羨ましいなぁー。」

美香の言葉に私は愛想笑いを浮かべ、小さな声で「ありがとう」と告げる。

私が、安定安泰の百貨店勤務を捨てて選んだ仕事は、三ヶ月更新の契約社員。しかも、仕事内容はただの雑用だなんて、美香は微塵も思っていないのだ。


「昔から、りか子って"真面目な努力家"だよね。ほんと尊敬しちゃう。」

ふと、美香が無邪気な笑顔で私を覗き込む。目尻を目一杯下げて、まるで作り物のような笑顔で。

「ずっと地元を離れない私とは、大違い。」

美香の実家は小町通りから一本裏道に入ったところにある、老舗の和菓子屋だ。一人っ子の美香には、実家を継ぐ以外に選択肢などなかったのだ。

「覚えてる?高校の時、卒アルに"将来の夢"書かされたの。」

「あー、あったね。懐かしい。美香は実家を継ぐ、だったよね。」

あの頃は全てがキラキラと輝いていた。今みたいに誰かを妬んだり、思い通りにならない現実に振り回されたりせず、ただまっすぐ、自分の進むべき道を歩いていたのに。

卒業アルバムに「エディター」と書いたあの頃。遠回りしているけれど、それでもどうしても諦めることが出来ない編集者への道。

あと少しで手に入れることができたはずだったのに。あの女さえ、いなければ。

「あ、そうそう。私、来年結婚するの。」

「え!?そうなの?」

八幡宮の鳥居をくぐると、美香はそれを見上げながらおもむろに結婚報告をした。ふと左手の薬指を見れば、ダイヤモンドが眩しすぎる輝きを放っている。

「式の招待状送りたいんだけど、住所変わってない?」

「う、うん。南青山のままよ。」

私がそう答えると、美香は少しだけ意地悪く「ふうん」と言って微笑む。

「ねえ、りか子。」

「あんたってさぁ、高校の時の夢、結局叶えられたの?」

そう言って、ニヤリと笑みを浮かべる美香の顔が、私には醜く歪んで見えてしまった。

遠くでは除夜の鐘が、鳴り続けている。


▶Next:1月4日 金曜更新予定
くすぶり続ける無個性女子、ついに反撃の時が来る。帰国子女の意外なSOSとは?

※本記事に掲載されている価格は、原則として消費税抜きの表示であり、記事配信時点でのものです。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
地元が思ったより東京に近かった
九州とか東北から出てきてるのかと思ってた
2018/12/28 05:4199+返信69件
No Name
修一… りか子が遠慮気味に、実家に帰る時に同行したいと言ったのに、「…いや、そんなの面倒だからいいよ」って…20代後半の女の子に 2年間も同棲させといて、あんまりだと思うけど!ただの「都合のいい女」扱いじゃないか…別れなさい!笑
2018/12/28 06:4399+返信12件
あんたって呼ばれるの抵抗あるなあ。
2018/12/28 05:3699+返信24件
No Name
美香こわい…
言葉に棘がありすぎ!
2018/12/28 05:3299+返信17件
No Name
地元、鎌倉なんだ。
鎌倉から都内まで出勤してる人なんてたくさんいると思うけどなあ。
2018/12/28 05:3456返信4件
もっと見る ( 236 件 )

【あの子が嫌い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo