あの子が嫌い Vol.2

同棲して2年経つのに、年末年始は別々なの…?結婚してくれない彼氏から「面倒」と言われた29歳女

―ずいぶんリアルな夢だったわ…。

私は修一を起こさないようにベッドを抜け出すと、ドリップコーヒーをいれながらぼんやりと考える。

毎年、この時期の編集部は年末進行に追われ戦場と化すのだが、今年はどういうわけか和やかな雰囲気を保っていた。

時折、笑い声さえ聞こえる編集部のデスクを盗み見ると、小阪アンナがその中心にいた。初めて挨拶した日と同様に、まるで外国人のような大きい身振り手振りと大げさな喋り方が、ひときわ目立っている。

まだ入社して一ヶ月も経っていないのに、彼女はしっかりとSPERAREの編集部に馴染んでいたのだ。

その姿に、私は焦っていた。だからあんな夢を見たのだろう。

複雑な気持ちを抱えたまま、朝食の準備に取り掛かるのだった。



外資系コンサル企業に勤める修一とは、付き合って2年になる。

上京してすぐの頃、精一杯めかし込んで参加したお食事会。そこで出会ったのが、彼氏の安藤修一だ。

出会った当初は「東京に染まっていない」私を気に入ったようで、ずいぶん熱心にアプローチしてくれた。

付き合ってからはトントン拍子で、同棲する仲にまでなったというのに、そこから私たちの関係はずっと足踏み状態だ。

仕事も恋愛も中途半端なまま迎えてしまった、20代最後の冬。

―あの頃は、仕事も恋も順調だったのになあ…。

私のお気に入りの、リビングの窓から見下ろす表参道の景色。修一と暮らし始めた頃は輝いて見えたというのに、今は心なしか霞んでいる。


「どう?『目黒フラット』のミルクフランス、買ってきたのよ。コーヒーもクラシックフレンチに変えてみたの。」

修一は私の問いかけにイエスともノーとも言わず、スマホをいじりながらミルクフランスをかじっている。

久しぶりに気合を入れて用意した朝食も、丁寧に豆を挽いて淹れたコーヒーも、彼の心には響かないらしい。

最近はずっとこんな感じだ。一緒に出かけることも少なくなってしまい、彼にとってはただの同居人に成り下がってしまったのだろうか。

そんな不安を振り払うように、私は話題を変える。

「修一、年末どうするの?」

「ああ。俺は一応、実家に帰るよ。」

長期休みのたびに予定を確認するけれど、そこに私が同行することはほとんど無い。その行き先が彼の実家ならなおさらだ。

「ねえ、今年は私もご挨拶に行こうか?もう一緒に住んで2年になるんだし…。」

決して重たくならないように、軽い口ぶりで提案したつもりだった。しかし、そのことを私は3秒後に激しく後悔することになる。

「…いや、そういうの面倒だからいいよ。」

「面倒」という一言で片付けられてしまえば、それ以上は何も言えなかった。

「りか子も、年末は地元に帰ってくれば?」

今年も、この関係を進展させることも終わらせることも出来ないまま、新年を迎えなくてはならない。そのことだけが明確な現実として突きつけられた。

ため息とともに、私はブラックコーヒーを飲み干すのだった。

この記事へのコメント

Pencilコメントする
No Name
地元が思ったより東京に近かった
九州とか東北から出てきてるのかと思ってた
2018/12/28 05:4199+返信69件
No Name
修一… りか子が遠慮気味に、実家に帰る時に同行したいと言ったのに、「…いや、そんなの面倒だからいいよ」って…20代後半の女の子に 2年間も同棲させといて、あんまりだと思うけど!ただの「都合のいい女」扱いじゃないか…別れなさい!笑
2018/12/28 06:4399+返信12件
あんたって呼ばれるの抵抗あるなあ。
2018/12/28 05:3699+返信24件
No Name
美香こわい…
言葉に棘がありすぎ!
2018/12/28 05:3299+返信17件
No Name
地元、鎌倉なんだ。
鎌倉から都内まで出勤してる人なんてたくさんいると思うけどなあ。
2018/12/28 05:3456返信4件
もっと見る ( 236 件 )

【あの子が嫌い】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo