先週のアクセスランキング!1位は「お金も、夫も、美貌も、すべてを失った女。一通のメールで知らされた“最愛の男”からの報告とは」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“一通のメールで知らされた“最愛の男”からの報告”に“信頼していた男の態度が180度豹変した日”から“プライド高きボス妻が弱みを見せた瞬間”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
お金も、夫も、美貌も、すべてを失った女。一通のメールで知らされた“最愛の男”からの報告とは

―里奈、元気?

メールボックスにひっそりと紛れていた、一通のメッセージ。送り主の名前が目に入ったとき、ほんの一瞬だが、あの、身体中の血が沸騰するような強い情熱を思い出した。指先が、少し震えた。

彼の肌の感触、温もり、そして私の名前を呼ぶ切なげな声が、一気に全身に蘇る。

すると今度は、そんな激しい感情に駆られた自分が恐くなり、思わずメールを削除してしまった。

続きはこちら

★第2位
「イイ女こそ、結婚なんかにすがらない」災難だらけの“35歳のヤバい女”が悟った新境地とは

独身だと信じて疑わなかった悠介に、離れて暮らす妻がいた。離婚して独り身になったという悠介は、婚約したばかりだった。

最近は多くの災難に見舞われてばかりだったが、同じ男に二度も騙されるなんて、うまく現実を受け入れられない。

—話があるんです。なるべく早く会えませんか?

しかし、さらに残酷なことに、理恵子の送ったLINEが既読になったのは翌日のことだった。

続きはこちら

★第3位
“結婚”と“妊娠”の順序が、逆なだけなのに。信頼していた男の態度が180度豹変した日

「…木田、徳永には早めに言っておけよ。」
「え?」
「マネージャーであるお前が、きちんと後輩の為に道を作ってやるのも仕事のうちだ。こういう準備は、早いほうがいい。特に徳永みたいなタイプは。」

好意的な反応を見せていた部長だったが、部下である徳永の名を出すと、その表情は固くなった。

西日の差し込む会議室で、部長は遠くを見つめていた。その時彼が一体何を懸念していたのか、私は直後に知ることとなる。

続きはこちら

★第4位
「今度こそ、君を守りたい」独身に戻り、ついに覚悟を決めた男だったが...。予想外な彼女の反応とは

…そういえば、里奈と二階堂が暮らす家も六本木だ。

だが、どれだけ近くにいても偶然に出会うことなどなかった。不思議なもので、どれだけ離れていても引き寄せられるタイミングがある一方で、縁のない時にはとことんないらしい。

美月と離婚した日に僕が里奈に送ったメールも結局、返事が届かなかった。

その代わり、というわけではないが、離婚したことをどこからか聞いたらしい未祐が、再び僕に連絡をよこしたのだ。

続きはこちら

★第5位
「おねがい、誰にも言わないで」プライド高きボス妻が弱みを見せた瞬間。彼女が涙を流した理由とは

悠理は2日後に合流する邦彦を思い浮かべて、自然に笑みがこぼれた。

カハラモールに到着し車を降りると、駐車場を横切って建物に入ろうとした悠理は、いさかう男女の声を耳にして、前方の車に目をやる。

運転席に座る男は、遠目にも小顔で整っており、見覚えのある日本人だった。そして今まさに助手席から飛び出そうとしている女は…まさか。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo