• PR
  • オトナの恋愛塾~宿題編Special~ Vol.2

    イイ人止まりな“圏外男”だったのに、彼女の態度が急変した理由:オトナの恋愛塾~宿題編 マジメ男ver.~

    私たちはこれまで散々、LINEやデートのHow toを学んできた。

    しかしいくらHow toを学んだところで、うまくいくとは限らない。その人のキャラクターによって、成功するための戦術は大きく異なるからだ。

    大阪に本社を構えるテレビ局に、ある異なるタイプの2人の男性がいた。

    女性慣れしている“チャラ男”と、恋愛に奥手な“THE・マジメ男”。

    原田信彦(27)は理系大学院出身、根っからの理系で且つ仕事は忙しく、社会人デビューし損ねてしまったマジメ男。

    そんな中、信彦は大学時代の友人・花田美香と再会する。マジメ男の意外な女性攻略法とは・・・?

    ※今週の「オトナの恋愛塾」は東京カレンダー×読売テレビの特別コラボ企画!チャラ男とマジメ男、あなたはどちらのタイプ?


    美香と再会したのは、制作部の先輩・耕司さんに呼ばれた飲み会だった。

    「あれ、ノブ?」
    「美香・・!」

    美香とは、大学時代のサークルが一緒だった。昔から小悪魔っぽい雰囲気が魅力的で、かなりのモテ女。そんな彼女との再会に、一気に胸が高鳴った。

    僕の生活サイクルは、かなり特殊だ。大阪城の近くに本社を構えるテレビ局に就職し、朝の情報番組を担当しているが、毎日深夜1時に出社し昼12時に帰宅する生活を送っている。

    世間のアフターファイブが貴重な睡眠時間となるため、こうした飲み会に参加する機会なんてほとんどない。

    よって週末が控える金曜日は、唯一飲み会が組める“決戦の日”。憧れの彼女と再会できたのは、もしかしたら運命かもしれない。

    そう思った僕は、食事会中、通常の倍のテンションで頑張った。

    しかし、飲み会が終盤にさしかかった頃、美香の友人が化粧室の前でしていたある会話を、うっかり聞いてしまった。

    「あの美香の友だちの、のぶひこ・・・だっけ??テレビマンなのにパッと見、地味だし、何かこう、惜しくない?」

    美香にいいところを見せたいと思い、一生懸命盛り上げようとしていたが、彼女たちには全く刺さっていなかったようだ。

    「ノブは、昔っからあのキャラなの。真面目だよね」

    かばってくれているような口調ではあるが、やはり美香も僕なんて眼中になさそうだ。

    だがこのあとなぜかモテ女・美香は、僕に興味を示し出すのだ。

    ジムビームハイボールQ編②_PC

    おすすめ記事

    もどる
    すすむ

    東京カレンダーショッピング

    もどる
    すすむ

    ロングヒット記事

    もどる
    すすむ
    Appstore logo Googleplay logo