嫌われる女 Vol.5

彼氏の存在を隠すのはなぜ?「恋人はいない」と嘘をつく女の根底にある、満たされぬ欲求とは

世の中には、なぜか“女に嫌われる女”というものが存在する。

女がその女の本性に気づいても、男は決して気づかない。それどころか男ウケは抜群に良かったりするのだ。

そんな、女に嫌われる女―。
あなたの周りにもいないだろうか?

明治大学卒業後、丸の内にある証券会社に勤務する高橋太郎(28)は、ただいま絶賛婚活中。

さまざまな女性と出会う中で、太郎は女友だちから「見る目がない」と散々ダメ出しを受ける。

これまでに、SNSにすっぴんを投稿する女や、好きな店を聞かれたときに敢えて安い店を言う女、またタクシー代を3人の男からもらう清楚系美女なのに腹黒い女がいた。

そして今宵、太郎が出会った女とは・・・?


—真美、今何やってる?友達と飲んでいるんだけど、良ければ来ない?


土曜の22時。

男友達と恵比寿で飲んでいた太郎は、真美に連絡をしてみる。

真美はよく遊ぶメンバーのうちの一人だが、仲間内から“パーティーガール”と呼ばれているほど。土曜のこの時間ならば、絶対どこかで飲んでいるはずだ。

そんな太郎の推測は正しく、真美からはすぐに返信がきた。

—行く! あと1時間くらいで行けるけど、今一緒にいる女友達も連れて行っていい?可愛い子だよ♡


可愛い友達を連れてきてくれるなんて、願ったり叶ったりである。

“もちろん!”と返事を打ち、太郎たちは二人で飲みながら女性陣を待つ。

先に言っておくが、一緒にいた男友達・優吾には婚約者がおり、真美もその相手を知っている。今日は食事会でもないし、真美はただの女友達だ。


しかし真美が連れてきた麻里子は、思わず“女”を意識せざるをえないような子だったのだ。

【嫌われる女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo