西麻布で遊ぶならバーに詳しくなりたい!絶対に女子に喜ばれる店4選

最寄り駅がないため、タクシーで来るしかないのが西麻布。

それゆえ夜が深いこの街には、2軒目にエスコートしやすいバーの名店が勢揃いしている。

西麻布で遊ぶからには、バーに詳しくならないと話は始まらない。まずはココから、という東カレおすすめの4店をご紹介しよう。

しっとりした艶っぽいデートにうってつけ

シックな大人の雰囲気で攻めるなら『ウォッカ トニック』

西麻布2丁目のとあるビルの地下を降りていくと現れるのは、木の温もりに包まれた落ち着いた空間。

西麻布の中でも老舗のオーセンティックバーとして知られるここ『ウォッカ トニック』。

女性に勝負をかける夜は、真剣さを伝えるためにも同店のシックな雰囲気がぴったりだろう。

「名物2色カレー」と「ウォッカトニック」

西麻布で名を馳せる老舗バーの名物料理は、赤と黒の「2色カレー」。野菜の甘みが生きたマイルドな赤、黒こしょうたっぷりのスパイシーな黒は、交互に食べても、混ぜて食べてもよし。

好みで量をリクエストでき、茶碗1杯スプーン1杯というわがままオーダーも可能。カレーと人気を二分する「マッカラン牛丼」もぜひお試しを。

島根県出雲の燻製店から仕入れる「青木さんの燻製あぶり焼き」

水出し用サイフォンで取った、バカルディベースの「コーヒーリキュール ミルク割り」

客の目線よりも下に照明を配したのがオーナーのこだわり

日本酒をこの上なく素敵に愉しめる大人の隠れ家『twelv.(トゥエルヴ)』

「日本酒をしっぽりと…」といえば、未だにどうしても“和”の雰囲気を想像しがち。そんな固定概念を鮮やかに覆す、お洒落で濃密な時間にぴったりな日本酒バー。

「今夜、とっておきの日本酒飲みにいかない?」と自信を持ってデートに誘える心強いお店の登場だ。

日本酒バーといえばカジュアル過ぎる酒場が多かったが、ここなら色気も保ちつつ気軽に酒の美味しさを発見できる

その店の名は『twelv.(トゥエルヴ)』。西麻布の交差点にほど近い場所にあり、わずか12坪の地下空間で、日本酒と酒肴を愉しむガストロノミー体験が繰り広げられる。

狭小で密度の濃い雰囲気が漂う店内は、まさに大人の隠れ家。そこで提供される日本酒は、BIOやSPARKLING、PREMIUM、CRAFTの4軸で揃えられ、銘柄は日本各地から集められた厳選品。

日本酒好きはもちろん、初心者にも幅広く愛される工夫がたくさん存在する。バーの枠を超え、五感を刺激する新しい日本酒の世界をお楽しみあれ。

この時は、トスカーナ産チーズを添えて。合わせたお酒は「寺田本家 醍醐のしずく」。ペアリングの一例としてご紹介

日本酒はその時々で12本を厳選。メニューはあれど好みを伝えて、おまかせする方が賢明だ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo