先週のアクセスランキング!1位は「人間は、気づかずに狂い続ける。この社会でゆっくりと…壊れていったのは誰なのか」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“煮沸”に“逃れられない狂気”から““隠れ”亭主関白夫が出した結論”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
煮沸:人間は、気づかずに狂い続ける。この社会でゆっくりと…壊れていったのは誰なのか

300メートルの長さを誇る巨大団地。夢見る家族の憧れの住まい。

敷地内の遊び場で、命を謳歌する子供の声がいつまでも鳴り響く。

そこに、未来を疑うものはいなかった。

20歳を機に、大学近くに下宿をするため、1人の青年がその団地を後にしようとしている。

「…ちゃんとご飯食べるのよ。休みの日に和明の勉強も見てやってよ。来年、受験なんだから」

続きはこちら

★第2位
35歳のヤバい女:「結婚できないのは…惨めでしょう?」独身女に屈辱を与えた、亭主関白夫の覚醒

「この際だからハッキリ言わせてもらいますけどね、母親だの妻だの35歳だの、そんなもの、“女”を諦める理由にはなりませんから」

理恵子は今、完全に臨戦体勢で親友の夫と対峙していた。

とにかく、目の前の神経質で気難しい男をギャフンと言わせてやりたい。心の中はそんな闘争心でメラメラと燃えている。

続きはこちら

★第3位
あなたは、わたしのもの:毎晩19:00になるとやってくる、あの女。大きすぎる代償を払っても、逃れられない狂気

モニターが光り、エントランスでこちらを凝視するひとみの顔が映る。

いくら無視をしたって、彼女は何度も何度もインターホンを押し続けた。

そのうち、その音を聞くだけで心臓がバクバクと音を立てるようになった。消音に設定しても、訪問者を知らせる赤いランプが点灯しているのを見るだけで鼓動が早くなっていく。

限界だった。

続きはこちら

★第4位
有馬紅子:漏れ出てしまった本音。出世のために負の感情を押し殺してきた女の、迂闊な失態

無意識だった。

『無意識の表情』を見られた羞恥で、頰に血が上る。

そんな私に構うこともなく千穂さまは、うん、うん、と大げさに2回頷くジェスチャーをした後、大きな声で言った。

「わかるわあ。あなたよっぽど、この人のことが嫌いなのね。私と同じ。大丈夫、よーく分かるわよその気持ち。でも諦めなさい。この方は、どんな状況になっても、所詮『私は紅子』なのよ。鼻につくでしょ?イライラするでしょ?」

続きはこちら

★第5位
ポンコツ嫁が突きつけた離婚話に、“隠れ”亭主関白夫が出した結論。妻が夫に抱かれたくない、本当の理由とは

「お前って、意外と亭主関白な男なんだな」

しかし、松田がすっかり諦めモードで頭を抱えていると、吾郎が突然冷ややかに言い放った。

「俺が、亭主関白...?」

「給料を浪費されてると思いきや資産形成されてたなら、単純に“ラッキー”と思えばいいだろ。お前の嫁だって、むしろ普通に褒められたり感謝されたいんじゃないのか」

吾郎の言葉に、松田は目から鱗が落ちたような気分になる。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo