35歳のヤバい女 Vol.9

35歳のヤバい女:「チヤホヤされても、実は全然モテてない」独身美女の胸に刺さる、毒舌男の正論

ー女の市場価値は27歳がピーク、クリスマスケーキの如く30歳以上は需要ゼロなんて、昭和の話でしょ?ー

20代の女なんてまだまだヒヨッコ。真の“イイ女”も“モテ”も、30代で決まるのだ。

超リア充生活を送る理恵子・35歳は、若いだけの女には絶対に負けないと信じている。

周りを見渡せばハイスペ男ばかり、デート相手は後を絶たず、週10日あっても足りないかも?

しかし、お気に入りのデート相手・敦史が26歳のCA女を妊娠させたことをきっかけに災難が続く理恵子。

さらに人妻・茜にまで食事会で惨敗してしまう。


―男性は、みんな既婚者だったもんね―

人妻・茜が発した食事会後の爆弾発言に、理恵子はただ呆然と立ち尽くしていた。

「どうして、彼らが既婚者だって分かったんですか!?」

だが、後輩の麻美は鬼の形相で茜に食い下がる。

「いや...最初は何となくそうかなぁと思ってたんだけど、途中からは、普通に自分で奥さんの話してる人もいたし...」

茜は気まずそうに笑顔を引き攣らせ、なるべく麻美を刺激しないように言葉を選んでいる様子だ。だが、時すでに遅しである。

「あっ!で、でも、幹事の純也くんのことは二人も知ってたでしょ?指輪の跡がくっきり日焼けしてたし、週末は娘さんとプール遊びしたって楽しそうに話してたもん!」

そしてこの一言に、理恵子は目眩すら起きそうになった。隣の麻美も同様に、言葉を失っている。

理恵子たちの知らぬ間に、茜と男たちはパパママトークで楽しく盛り上がっていたのだ。

「それにしても、私なんかのために本当にありがとう。きっと二人なら、こんな中途半端な男性じゃなくて、もっともっと素敵な独身が集まる食事会に行くのよね?でも楽しかった。次は女子会でもしましょう!」

そうして茜は独身女二人にトドメの一言を突き刺し、華麗にタクシーに乗り込んで行った。

【35歳のヤバい女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo