パリの21区は青山に!「すべてがフランス」なワインバーのお洒落レベルが高すぎる!

青山『apero.』の外国感には心底驚く。カウンターで、またはテーブルで。ワインを傾ければ、気分はパリそのもの。ここは東京にある〝21区〞だ!


世界観を作る全てがフランス。もはや、ここは青山でなく、パリである。
『apéro. WINE BAR AOYAMA』

扉を開いた瞬間にここが日本だということを忘れる圧倒的な外国感!

広々としたカウンターにガラス張りのセラー、ワイングラスのアートワークに縁どられた大窓からは、月の灯りが静かに差し込む。

青山にいながら「まるで、パリ」な気分にひたれるのが『apero. WINE BAR AOYAMA』だ。

カウンターでは品のよい外国人夫婦がワイングラスをゆったりと傾け、テーブル席では〝洗練〞を身にまとった人々が食事とワインを楽しむ姿が。


この店を営むのが、フランス出身のギヨーム・デュペリエさんとクロエさん夫婦と聞けば、なるほど、合点がいくというものだ。

ご夫婦を慕って、フランス人も多く訪れる。上質にして、自由。エッジィでありながら気負った雰囲気など皆無。

カウンター横のブルーの壁が印象的。一部をブルーに変えた理由をたずねると「青山だから、青!(笑)」とお茶目な回答が。店内には、抽象画家・吉田花子さんが描き下ろしたアートも。


京都に留学していたときから抱いていた「いつか日本で自分の店を」というギヨームさんの思いが、デザイナーや生産者との縁をつなぎ、青山で結実した。

夫婦が愛してやまないナチュラルワインに合わせる料理は自家製のキッシュやテリーヌ、『サルメリア69』のシャルキュトリーなど、バラエティ豊かだ。

フェンネルの葉を生地に練りこんだ「クロエ家のキッシュ」(¥990)にはローヌのクローズ・エルミタージュを合わせるのがおすすめ。

グラスワインは常時20種前後を揃える(¥890~)。ボトルワインは¥4,000~。

入口にはワイン好きを迎えるメッセージが。

青山で体感するリアルなパリ。ほかのどの国にも存在しない〝特区〞で、大人の時間を過ごしたい。

本日発売の月刊誌「東京カレンダー9月号」はお洒落な大人しかいない「青山の夜」を特集!

「青山の夜」を体験してこそ大人です!

東京屈指のお洒落な大人が、青山の夜に吸い寄せれれていく!

【月刊誌のお求めは・・・】
・最新号をすぐに手に入れたい方はこちらからお求めください!
・大好評!「定期購読プラン」がとにかくオススメ!
雑誌とデジタル版の両方が楽しめて、なんと最大半額!!あなたも、定期購読で『東京コンプリート』を目指そう!

※リンクはFujisan.co.jpに移動します。
※東京カレンダーは毎月21日頃の発売です。今月は7/21(土)!

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo