年収1,000万の女 Vol.2

27歳にして年収1,500万円を稼ぐ、外資系証券会社の美女。彼女のライフスタイルとは

今や、ハイスペックといえば男性とは限らず、女性も活躍する時代だ。

世の女性の多くがハイスペ男との結婚を夢見る一方で、自ら高い年収を稼ぐ “1,000万の女”たち。

全給与所得者(女性)のうち、年収1,000万を超えるのはたった0.9%と言われている。(H28民間給与実態統計調査より)

そんな一握りの女たちは、どのような人生を送っているのか?

本連載では、キャリアと美貌に恵まれた、まさに「才色兼備」の女たちのリアルをお伝えする。

前回はファッションに命を捧げるラグジュアリーブランド女子を紹介した。さて、今回は?


【今週の1,000万女子】
名前:ミキさん(27歳)
職業:外資系証券会社 投資銀行部門勤務
住まい:港区
交際:未婚 彼氏アリ

圧倒的な男社会の中でサバイバルする毎日


東京で幅を効かせる職業の筆頭ともいえば…外資金融マンだろう。彼らの豪華なライフスタイルについては何かと見聞きする機会は多いが、“外資金融ウーマン”となるとどうだろうか。

完全な男性優位社会において、第一線、いわゆるフロントオフィスで活躍する外資金融ウーマンは、およそ約10人に1人の割合でしかいないと言われる。だが、存在することは間違いない。

当然、彼女たちの年収は1,000万円を軽く超えている。…となれば、是非とも話を聞きたい!

というわけで、あらゆるコネクションを通じてアタックしたところ…。ようやく取材に応じてもらえる外資金融ウーマンに出会えた。

それが、大手外資系証券会社で企業のM&Aなどを担当する部署で働くミキさんだ。

多忙なスケジュールの合間、なんとか抜けてきてくれたミキさん


時刻は平日の20:30。直前に急遽ミーティングが入ってしまったということで、息せき切って飛び込んできた彼女。

その見た目からはバリキャリの外資金融ウーマンであることは、およそ想像もつかないほどの可愛らしさに満ちた、若い女性である。

黒のスーツにヒールというシンプルなファッションは、大手企業役員の秘書をも彷彿とさせる。だが、差し出された名刺に刻まれていた社名、所属先は紛れもないそれだった。

話を聞けば、取材をお願いしたのが申し訳なかったと恐縮してしまうほど、彼女の毎日はハードスケジュール。

平日は寝る時間以外のすべてを仕事に捧げる日々


起床は朝8:30。すっぴんのままタクシーに飛び乗り、車中でメークをして9時に出社。

「朝ごはんは炭水化物を食べたら眠くなってしまうので、水しか飲まないです(苦笑)。その代わり、ランチは11:30頃の早めにとりますね」

ただし、優雅に外ランチをしている余裕はないそうで、テイクアウトしたものでデスクランチが基本だという。

テイクアウトですら「待つ時間がもったいない」という彼女は、事前に電話してピックアップ時刻を伝え、行けばすぐに持ち帰れるようオーダーしておくのだという。

「でもこの時間だけが外の空気を吸える時間なので、散歩を兼ねて徒歩10分くらいのお店を選ぶこともあります。ランチ後もひたすら業務ですが、夕飯はその日のスケジュール次第で18時だったり、21時だったり。

ただ、夕飯も基本はUber Eatsでデリバリーですね(苦笑)。会社からは夕飯代の補助が出ます。『グリーンブラザーズ』のサラダが特にお気に入りです」

ちなみに夕飯後も残業は続き、帰宅時間の平均は25時(!)。

「25時前に帰れたら、今日は湯船につかれる〜♪って、めちゃめちゃ嬉しいです!」

【年収1,000万の女】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo