先週のアクセスランキング!1位は「35歳のヤバい女:“高嶺の花”の悲劇。30代エリート男が、若くダサめなCA女で妥協した理由」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“35歳のヤバい女”に“婚活モンスター”から“高学歴女子の遠吠え”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
35歳のヤバい女:“高嶺の花”の悲劇。30代エリート男が、若くダサめなCA女で妥協した理由

―なんで、敦史がこんな女と...。

会うたびに「若い女より、色気も知性もある大人の女が好き」と理恵子にへつらっていたにも関わらず、敦史はなぜこんな典型的な若いだけの女を選んだのだろうか。

いや、茜は早とちりなところがあるから、ひょっとするとガセネタかもしれない。

ーえ?!?!

続きはこちら

★第2位
イケメンじゃなくてもいいんです!女性から圧倒的にモテる男なら必ず持っている、ある要素とは?

「え〜信じられない。こんな素敵な人がまだ東京に独身で残っていたなんて」

—“素敵な独身男性”という都会の天然記念物を、六本木で発見。

脳内で、レーダーが反応する 。早速、翌日大輝にメッセージを送り食事会をすることになった。

しかしこの食事の最中に、次のデートは無いと私は判断を下したのだ。

続きはこちら

★第3位
婚活モンスター:商社マン大好き♡そんな女が、絶対に商社マンから選ばれない悲しいワケ

咲は自分の容姿には絶対的な自信があったが、容姿以外で人より何かに優れているという自信は何もないようだった。

見た目だけで贔屓されてきた女性は、年を重ねていくごとに婚活市場からフェードアウトしていく。

咲はその事を、よく理解していた。

その焦りが、彼女をおかしな方向へと導くのだが…。

続きはこちら

★第4位
「俺の子ども産んでよ」。女が“寿退社”という甘い救済策に溺れるとき

それに私は、世間的にも評価の高い、総合商社の総合職という仕事を得たことを素直に誇らしく思っていた。

“若くて可愛い女の子”という身分に甘んじず、きちんと地に足のついた人生を歩もうとする自分は、きっとなかなかの評価に値するはずだ。

もちろん廉の協力も大きかったが、私なりに結構な労力と時間も費やしたのも事実だ。

だが、内定を勝ち取っただけで“一人前”だなんて調子に乗るのは、とんでもなく甘かった。

続きはこちら

★第5位
高学歴女子の遠吠え:「なんで、あのレベルの女と結婚する訳…?」ハイスペ男子の結婚式で僻む女

男性アナウンサーのような爽やかな風貌の慶介は、内定式の時から目立っていた。懇親会で慶應の内部生ということを知り、夏希は密かに心ときめかせていたのだ。

港区にあるお嬢様学校として名高い女子校に初等科から通い、学年でただ一人東京大学へ進学した夏希。努力に努力を重ねてきた自分こそが、ハイスぺ男子ともてはやされている人種と釣り合うはずなのだ。

…それなのに。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo