女子はデザートが大事!たっぷりのスイーツで女子が喜ぶレストラン4選

大人の女性は、フレンチの真髄に触れてこそ輝ける『MONOLITH』

本格フレンチもいいけれど、肩肘張らないデートなら、本格フレンチが良心的な価格で楽しめると評判の『モノリス』がおススメだ。

近年はイノベーティブで軽やかなフレンチも増えているなか、『モノリス』の石井 剛シェフが作る料理はぶれることなくクラシック。

だからこそ、流行りが好きな人もフレンチ初心者も楽しめる。

8,000円のコースは、旬の食材によるシェフのおまかせ。

まずは、グジェールというチーズを練り込んだシュー生地の中に、豚とごぼうのリエットが入った定番のアミューズが登場。かわいい見た目に気分もアガるはずだ。

「焼き茄子のカクテル仕立て」夏らしい一品

こちらは焼き茄子のカクテル仕立て。

上には蟹やコンソメのジュレがのっている。上品な味わいに、間違いなく次のワインを頼みたくなるだろう。

「鹿のメインディッシュ」

メインディッシュの一例は、徳島県産の鹿にオレンジソース、鹿のジュと煮詰めたシェリービネガーを合わせたひと皿。セミドライにして甘みを出したイチジクやトリュフ、茸も合わさりサーブの瞬間に秋の香りに包まれる。

食せば鉄分を感じる赤身肉に果実の甘さが重なり、骨太でいて粋なソースが心に響く。さらにブルゴーニュのワインを合わせれば、それは大人の女性の嗜み知るひとときだ。

マンゴーのピューレと刻んだマンゴーによるプリンに、ココナッツミルクの泡をのせたデザート。

口の中で混じり合う、異なる甘さを堪能してほしい。

最後に登場するワゴンスイーツ。胡麻と味噌のマカロンがあったり、驚きのある菓子がずらりと並ぶ

さらに、最後にはマカロンやケーキがワゴンで提供される。

好きな種類をとっていいとあって、女子歓喜の瞬間!

盛り上がりも最高潮のまま、その日を終えることができるはずだ。

「スパゲッティバジリコ」

有名人からも愛される老舗イタリアン『キャンティ 飯倉片町本店』

レストランとして、文化交流のサロンとして、50年以上も一流を貫いてきた『キャンティ 飯倉片町本店』。

創業当初から愛され続けるロングセラーが「スパゲッティバジリコ」は必食。

驚くのは大葉とパセリを細かく叩いて、当時なかなか手に入らなかったバジルの香味を表現している点。オリーブオイルも珍しかった時代で、サラダオイルを使うのが半世紀を経てなお変わらない伝統レシピだが、今、食べてもイタリアの味にしか思えないから不思議。

最初に登場する前菜の数々

コンセプトは「子供の心をもつ大人のためにつくられた場所」というだけあって、前菜やデザートはワゴンから好きなものを好きなだけチョイスできるという遊び心あるスタイルだ。

次々と並べられる前菜の数々を目の前にすれば、もうワクワクが止まらない!

デザートも好きなだけオーダーしよう

もちろんデザートも思う存分楽しんでいただきたい。

運ばれてくるワゴンにはケーキやプリン、タルト、ロールケーキなどなど10種類以上が並ぶ。

もちろん、ひとつひとつパティシエが作り上げた絶品デザートばかりだ。ひとつでも十分満足できるが、せっかくだったら数種類楽しみたいところ。

ケーキやタルト、プリンなど絶品スイーツがずらり

好きなスイーツをおなかいっぱい食べるという子供の頃の夢をかなえてくれる、まさにテーマパーク。

別腹は本当にあったのかと実感できる瞬間だろう!

外観

鮮やかなブルーとレッドのギンガムチェックが印象的

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo