恵比寿男子はここで落とす!女心をくすぐる恵比寿のビストロ・イタリアン12軒!

こじんまりとしていて、デートに最適な店が多い恵比寿。店数が多いからこそ、本当に使える店を探すのは難しい。そこで東京カレンダーは、恵比寿を知り尽くしたエビダンたちに、デートに相応しい店を徹底取材!

中でもやっぱり女子のテンションをあげるイタリアン・ビストロ・フレンチの12軒をご紹介しよう。


ミニモエでの乾杯で、ふたりの距離が必ず縮まる人気ビストロ!
『オー・ギャマン・ド・トキオ』

ビストロ

『AU GAMIN DE TOKIO』はやっぱりデートで来るのが一番。オープンキッチンを眺めるだけで会話は弾むし、何より、木下威征シェフの料理には驚かされっぱなし。

感動を分かち合えばそれだけで距離がまた近づくように感じる。旬の食材で作る料理もまた愉快。春らしく今日は「2色のアスパラ」がおすすめとシェフ。

2色のアスパラのビスマルク風¥2,800。アスパラは鉄板で香ばしくソテー

「卵黄で作るオランデーズソースの代わりに、店名の『GAMIN=いたずら小僧』通り、遊び心で皆が好きな半熟目玉をのせちゃう(笑)」

気さくに話せるカジュアルさもいい。すると今度はこの料理に「ミニ モエ」が合うとシェフ。

「まずアスパラにシャンパンは鉄板の組み合わせ。ほかの要素も合いますよ」

ミニ モエ1本¥3,400。フルーティでまろやか

確かにフルーティな味わいが生ハムの塩気、卵やチーズのコクとバッチリ。「ミニ モエ」の中身はセレブも愛する「モエ アンペリアル」。

200mlのミニボトルで気軽に楽しめる点も魅力。カジュアルだけど上質で、楽しいデートになること間違いなし!

オマール海老とグレープフルーツのカクテル¥3,200。グレープフルーツを器にして百合根のブルーテ、オマール海老のカクテルソース和えを盛り付けた冷菜。果汁もジュレにして添えた

オープンキッチンをゲストが囲む劇場型の店内


オリジナリティが光る。野菜を主役にした料理の数々
『ビストロ アム』

ビストロ

厳選した野菜をたっぷりと使った新感覚のフレンチ。初めてならスペシャリテのパフェやお米料理が組み込まれたコースを。
大満足のコースが¥5,184なので財布に優しく嬉しい限り。女子にも安心してごちそうできる!


ビストロ感覚の価格と空間でグランメゾン級の料理を
『ici』

フレンチ

五反田の『ボノミー』で研鑽を積んだ岩田秀一郎シェフによる独立店。クラシックな技法による味わいをモダンなビジュアルに仕立てた料理で、CPの高さに定評あり。
肩肘張らずリラックスできる居心地のよさ。「また連れてきて♥」と必ず言われると話すエビダンも!


360度オープンキッチンの劇場型カウンターが魅力
『アポンテ』

イタリアン

三田通り沿いの人気店。スペシャリテの「スパゲッティ 有機レモンのクリームソース」はぜひオーダーしたい。初めて訪れるならいろいろ楽しめるプリフィックスもおすすめ。
シェフが目の前で調理するカウンターはライブ感抜群。横並びの食事は必ず二人の距離を縮める。

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo