京都ちゃん Vol.3

京都ちゃん:入籍前、突然呼び出して「墓を守れ」と言い放つ姑に憤りを覚えた日

京都に3代以上継続して住まう家の娘だけが名乗ることを許される、“京おんな”の呼称。

葵祭の主役・斎王代をも務めた生粋の京おんな、鶴田凛子(26歳)は、西陣で呉服店を300年以上営む京野家の跡取り息子・京野拓真と現在婚約中。

しかし過干渉の義母にすべてを仕切られる窮屈な縁談に、早くも疑問を感じ始める。

そんな時、憧れの先輩・南條桜子から、自身の婚約破棄とその本音を聞かされ、凛子はあろうことか、共感を覚えるのだった。


嫌な予感


「今日のレッスン、楽しみやねぇ」

平日の午後。

京町家の風情を残す『リストランテ オラエ 祇園』に流れる、穏やかな空気。

幼馴染の西園寺ゆりえが、のんびりと、まるで歌うようにそう言って、凛子に柔らかな笑顔を向けた。

ゆりえが結婚してからはかなり頻度が減ったもの......


【京都ちゃん】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo