婚活は、ビジネススクールで!? Vol.2

好条件過ぎる医師との、2度目のデート。結婚の予感に浮かれる女に降り掛かった予想外の仕打ち

多くの女性を苦しめる、 “結婚”という二文字。

高望みをしているわけではない、普通の幸せが欲しいだけ。しかし出会いに溢れているはずの東京で、それはなかなか手に入らないのである。

自称・丸の内にゃんにゃんOLの本田咲良(27)も、そのうちの一人。

そんな咲良はある日、ひょんなことからビジネススクールに通うことに。

しぶしぶ行ったビジネススクールだったが、そこには意外にも婚活にぴったりな世界が待っていた…!?

母親に押し切られ、仕方なくお見合いに臨んだ咲良だったが、お見合い相手の医者・祐一は予想外にタイプであった。

そして彼の「何かで成長してもらいたい」という言葉に、ついつい研修への意気込みを語ってしまうのだった。


―やっぱり私、場違いって感じ……。

水曜日の夜、咲良と由利は、ビジネススクールの見学会に来ていた。

教室はすでにダークスーツのビジネスマンで埋まっており、ピンクのニットを着た咲良は、明らかに浮いている。

今回の研修は、由利は課長代理になったため、咲良は課長代理になるためだ。咲良が受けるのは、論理的な思考を学ぶ1科目だけで、由利は他にマーケティングなど、計4科目を受けるらしい。

―もう……。海老原さん、大丈夫って言ったのに。

咲良は、呑気な上司を恨めしく思いながらも、ひとまず講義に集中することに決めた。



「意外に、楽しかった!由利たちって、あんな感じで営業してるの?」

見学会の後、二人は予約していた半蔵門の『エリオ・ロカンダ・イタリアーナ』に来ていた。

「そうだね。フレームワークがピッタリハマることはないけど、意識して考えるようにはしてるかな」

見学会では、フランス発の高級スイーツショップのオーナーになったと仮定し、日本進出における売上目標達成のためのアイディアを、たくさん挙げるゲームをした。

簡単に思いつくものもあったが、3分で20個という合格ラインはハードルが高く、あっという間に時間が過ぎた。

「ワークは結構面白かったけど……。仕事で使う機会なんて、私にはなさそうだけどなぁ」

「何言ってんの。課長代理になったら使う機会なんていっぱいあるよ」

「ただの候補だよ。私なんかより、山代さんとかの方がいいと思うんだけど…。本当になった時のことを考えると、ちょっと気が重いなぁ…」

山代さんは、咲良の6歳年上の先輩である。入社当時の教育係で、社会人として、特に事務職としての心構えを叩き込まれた。就職氷河期の世代で、派遣社員から登用されたらしい。

山代さんは地道な努力家で、エクセルの関数もマクロもバリバリ使いこなす、事務のエキスパートだ。営業からの信頼も厚い。

―そんな優秀な先輩を差し置いて、いいのかなぁ。

咲良は大きくため息をつきながら由利を改めて見ると、ある変化に気付いた。

【婚活は、ビジネススクールで!?】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo