ミナミちゃんの恋人 Vol.2

愛する婚約者は“下町の成り上がり”だった?婚約して初めて知る、完璧だった男の裏の顔

―どうして私が、こんな辺鄙な土地に住むの...?―

幸せな家庭を築くことを夢見て、コツコツと女としての人生の駒を進めてきた大手航空会社CAの美波(ミナミ)、27歳。

ルックス・収入・性格とともに完璧な港区男子・孝太郎と出会い、順調に婚約まで済ませた、まさに幸せの絶頂期。

のほほんとしたお嬢様気質の彼女を待ち受けていたのは、「浅草に住もう」という彼の突拍子もない提案だった。


「あ...浅草...?」

孝太郎のあまりに予想外な発言に、美波は思わず思考が停止した。

―なんで“浅草”……??

あの街には浅草寺のイメージしかなく、小学校の遠足で訪れたり、高校生の頃に隅田川の花火大会を観に行った以来、久しく足が遠のいている。大人になってから、浅草にわざわざ足を運ぶ理由はない。

いや、きっと美波の聞き間違いだろう。孝太郎は“あさくさ”でなく“あざぶ”と言ったのかもしれない。

「そう、“浅草”。美波にはあんまり馴染みないかもしれないけど、意外といい街だから、きっと気に入るよ」

孝太郎は美波の心を見透かすように、ハッキリと“浅草”と強調した。

その表情は相変わらず紳士で穏やかで、声も柔らかい。

にも関わらず、孝太郎がこちらに有無を言わせない強い威圧感を発しているように見えるのは、美波の気のせいだろうか。

「ど、どうして急に浅草なの...?孝太郎くん、社会人になってからは渋谷区か港区にずっと住んでるんじゃ...」

「俺、地元が浅草だろ。そうだ。新居の下見がてら、明日は1日浅草を案内するよ」

孝太郎はそう言いながら美波の髪を優しく撫で、ニッコリと爽やかに微笑んだ。

美波が“世界で一番素敵”と信じている、大好きな笑顔。だがやはり、その目の奥は笑っていないように感じる。

そんな孝太郎に気圧され、明日は婚約指輪の下見に行く約束をしていたはずであることを、美波は言い出せなくなってしまった。

【ミナミちゃんの恋人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo