ミナミちゃんの恋人 Vol.3

「下町VS山手」の格差。ハンサムな恋人が抱える、知られざる過去の闇

―どうして私が、こんな辺鄙な土地に住むの...?―

幸せな家庭を築くことを夢見て、コツコツと女としての人生の駒を進めてきた大手航空会社CAの美波(ミナミ)、27歳。

ルックス・収入・性格とともに完璧な港区男子・孝太郎と出会い、順調に婚約まで済ませた、まさに幸せの絶頂期。

「浅草に住もう」という彼の提案に戸惑う美波だが、さらに「孝太郎は“下町の成り上がり”」と忠告を受けた。


「まぁ、孝太郎は所詮、“下町の成り上がり”だから」

不敵な笑みを浮かべて言った圭太に、美波は戸惑いを隠せない。

そして、彼に対して不快感と怒りが込み上げると同時に、その言葉の真意も気になってしまう。

「ちょ、ちょっと圭太くん...」

友人の恵美が焦った様子で圭......


【ミナミちゃんの恋人】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo