裏切られた妻たち Vol.4

「レシート、見たの…」夫を尾行して浮気を確信した妻が、真実を暴こうと決意した夜

一見、何の問題もなく幸せそうに見える仲良し夫婦。

けれども彼らの中には、さまざまな問題を抱えていることが多いのだ。

仲良し夫婦だと思っていた北岡あゆみ(32歳)のもとに届いた一通のメール

「あなたの旦那さん、浮気しています」

夫である樹を疑い始めたあゆみは、友人の紀子と清香と一緒に、大阪へ出張する樹を尾行することに。

樹が新宿のホテルでチェックインを済ませるところを紀子が目撃するが、その事実を知ったあゆみは、疲労から倒れてしまい、結局女性の姿は確認できなかった。


「あれ……。もう朝…?」

月曜日の朝。外はまだ暗い中、あゆみはゆっくりと目を開けた。

起き上がろうとした体はズシンと重く、上体を起こすと立ち眩みのような感覚に襲われた。

週末、夫である樹が「出張」と言って出て行った先は、新宿のホテルだった。

「あなたの旦那さん、浮気しています」 というメールが、あゆみの頭からこびりついて離れない。やはりあのメールは、真実なのだろうか?

結局、その日は会社を休んでしまった。こんなことで会社を休むなんて社会人失格だと思ったが、まともに仕事ができそうになかったのだ。

ミーティングも急ぎの案件もないことが唯一の救いだった。必要事項だけはメールで指示を出し、その後はまた現実に立ち向かうのを拒否するかのように、深い眠りに落ちた。

「今…何時だろう…?」

気がつくと、辺りは柔らかなオレンジ色に包まれている。僅かに聞こえる外の喧騒が、夕方であることを告げていた。

あゆみはゆっくりと体を起こし、渇いた喉を潤すため、冷蔵庫に向かった。水を飲みながら、夕日に染まった部屋の中を見渡す。

樹がどうしても欲しいと言ったデロンギのエスプレッソマシーン。少し無理をして買ったB&Bイタリアのソファ。結婚祝いのロブマイヤーのワイングラス…。

部屋の中全てに、樹との思い出が詰まっている。その光景にあゆみは、えも言われぬ悲しみに襲われた。

—どうして裏切られた方ばかりが、こんな悲しい思いをしなければならないのだろう…。

昨日の清香からのLINEが頭に浮かぶ。

「ジョンストンズのカシミアのストール……」

樹のプレゼントはいつも実用的だった。「アクセサリーも良いけど、何か役に立つものをあげたいんだよ」と。

—樹は、どんな顔をして選んだのだろう…?

そう思うと嫉妬心が抑えられなくなる。ふと、前に紀子が言っていた言葉を思い出した。

【裏切られた妻たち】の記事一覧

もどる
すすむ

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo