先週のアクセスランキング!1位は「「開業医の妻」の座をようやく手に入れた女の大誤算。身分不相応な結婚の代償とは?」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“身分不相応な結婚の代償”に“6歳で得る“特権階級”の証”から“エビダン!”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
「開業医の妻」の座をようやく手に入れた女の大誤算。身分不相応な結婚の代償とは?

今日は、公平の両親が和歌山からやってきている。公平が「少し疲れているんだ」と答えると、母親は心配そうに息子を見つめたあとで、明日香にちらりと一瞥をくれた。

さっきから明日香はニコニコと笑顔を浮かべ挨拶をしているというのに、それにはろくに返事もしないままだ。そして目を釣り上げ、こんな言葉を口にした。

「明日香さん。あなた、きちんと公平の体調管理はしているの?」

続きはこちら

★第2位
4回もデートしたのに。約束LINEで「全日程NG」を男が食らったのはナゼ?デートの答えあわせ【Q】

美由紀と出会ったのは、知人が主催するアートギャラリーのオープニングパーティーだった。

“美人な子がいるな”と思ったが、最初は遠くから眺めていただけだった。美由紀は男性と一緒にいたし、どんなに美人でも彼氏がいる女性は恋愛対象にはならない。しかし、知りあいが紹介してくれたことで彼女と話すキッカケを得た。

「ゆう君、この子美由紀ちゃん。二人は出身大学が一緒じゃないかな?」

続きはこちら

★第3位
慶應幼稚舎の校章は、6歳で得る“特権階級”の証。コネも権力ない元CA妻に、勝機はあるのか?

天現寺の歩道橋を渡ると、幼稚舎の子どもたちとたくさんすれ違う。

6歳にして“特権階級”に所属する証である、ランドセルに刻まれた慶應の校章。

最高に恵まれたこの子たちは、どのように選ばれたのだろう?そしてその可能性がもし、自分の子どもに1%でもあると分かったら…?

帰り道、ふわふわした足取りで帰りながら、あかりは北条ミキの言葉を思い出していた。

続きはこちら

★第4位
パーフェクト・カップル:週刊誌に撮られた夫の、ヘタな嘘で“夫婦の終わり”が始まる

―もし本当に女の子と撮られていたとしたら…。

何か、特別な理由があるはずだ。とりあえず彼に話を聞かなければ。人気のなくなったロケバスで、隼人にLINEを送る。

「局でももう問題になっているとは思うけど、今夜うちの社長が話を聞きたい、ということなので自宅での話し合いをお願いします。ロケ終わりで急いで帰ります。」

続きはこちら

★第5位
エビダン!:年収700万の優しい男vs年収2,000万の冷たい男。女はどちらを選ぶ?

PCから目を離し、再開発で工事が続いている渋谷の街並みを見つめた。そこそこモテて、遊ぶ友達も多く、毎日それなりに楽しい。年収は、700万弱。同世代の年収と比較すると、低くはない方である。

それなりに自分の人生に満足していたはずなのに、龍太と再会してから何だか心がヒリついている。天使のように可愛らしい杏奈の視線を捉えていたのは、僕ではなく龍太だったのだ。こんなこと、昔なら絶対に考えられなかったのに。

そんなことを考えていると、先輩から社内メッセージが届いた。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo