先週のアクセスランキング!1位は「エリート男を手に入れるためには、手段を選ばない?策に溺れた女が迎えた、無残な結末」

「東京カレンダーWEB」の1週間分のランキングから、人気記事ベスト5をご紹介!

“策に溺れた女が迎えた、無残な結末”に“残念極まる男”から“悪妻”まで。さて、栄えあるベスト1は?

★第1位
エリート男を手に入れるためには、手段を選ばない?策に溺れた女が迎えた、無残な結末

相田君とは直接接点など無かったし、交わす言葉は挨拶程度だった。そもそもいい大人が同性のファンなんて、おかしな話だ。

「相田君ってやたら亮介の事好きで、よく俺に聞いて来たんだよ。趣味はなんだとか、好みは何だとか…。だから初め、彼はてっきり男性が好きなのかと思っていたんだ。けれどこの間、会社に遊びに来る数日前に、ちょうど女性と歩いているのを見て…。」

亮介はこの話を聞いて、少し嫌な予感がした。

続きはこちら

★第2位
「彼女いるの?」の質問に“脈アリ”と思う男。でも彼女が途中帰宅したワケ:デートの答えあわせ【Q】

優里は、僕の勤める外資系メーカーの同期で、新卒時代から仲が良かった。美人だと評判の優里の人気はかなり高かったが、彼女には学生時代から長年交際している彼がいて、僕を含めた男性陣は皆“不戦敗”だった。

しかし最近その彼と別れたとのことで、向こうから「ご飯に行こう」と誘ってきたのだ。

—実は彼と別れちゃって。今度、二人でご飯行かない?

続きはこちら

★第3位
残念極まる男:「イケメン・医者・独身」3拍子揃った好条件を無に帰す35歳男のたった一つの欠点

ルックスが良い上に、医者。こんなハイスペックな男性に声をかけられるなんて、ツイている。瑠璃子は、みるみるうちに、自分の中にパワーがみなぎっていくのを感じた。

—そうよ、いつまでもクヨクヨしてるなんて私らしくない!理奈さんの言う通り、東京にはいい男がまだまだいるはず。

そして、こう決意したのだった。

―絶対に周平を軽く超える、ハイスペックな男性を捕まえてみせる…そう、タカシさんみたいな!

続きはこちら

★第4位
新婚クライシス:そもそも、彼には“妻”の存在など必要なかった。ハイスぺ夫に尽くし続けた女の限界

吾郎は自分を奮い立たせるように、BOSEのワイヤレスイヤホンから流れるハードロックのボリュームを一気に上げる。

英里の方からきちんと謝罪を申し出るまで、決して心は許すまい。

だが、プライドを傷つけられ、嫉妬を煽られ、単純に“拗ねて”石のように頑固化した吾郎は、英里から見れば、ただただ氷のように冷酷な男であることに、本人は気づいてはいなかった。

続きはこちら

★第5位
悪妻:男と女は、どこまでもすれ違う。「穏やかな日常が欲しい」と願った夫の最後の決断

ひとり、またひとりと客が帰ってしまっても、小野は藤田に酒を勧めることをやめない。

とうとう2人きりになってしまったが、藤田は気まずさを感じるどころか、居心地の良さを覚えた。小野には、話したことを何でも受け入れてくれるような、そんな包容力を感じる。

絵里子のことを聞かれたのでふいに愚痴ると、小野は悲しそうな目で自分を見つめながらこう言った。

続きはこちら

東カデー詳細はこちら >

東京カレンダー 月刊誌詳細はこちら >

おすすめ記事

もどる
すすむ

東京カレンダーショッピング

もどる
すすむ

ロングヒット記事

もどる
すすむ
Appstore logo Googleplay logo